1ヶ月の「お小遣い平均額」が高い都道府県ランキング、2位京都府、1位は東京都、半分以下の最下位は?

なにかと制約が厳しい日々の中で、自分の好きなことに使える“おこづかい”。あなたはいくらもらっているだろうか。ソニー生命保険は、今年2021年で7回目となる「47都道府県別 生活意識調査」を実施しその結果を発表している。

今回は、さまざまなランキングの中から「1カ月のおこづかい額 各都道府県」の調査結果を抜粋してご紹介しよう。

おこづかい平均額が多い都道府県ランキング、1位は「東京都」

あなたが1カ月で自由に使えるお金はいくら?

1カ月のおこづかい額の全国平均は19,461円。飲み会に5回参加したら、きれいサッパリなくなってしまいそうな金額だ。

おこづかい平均額が多い都道府県ランキング、5位は23,050円の「愛知県」、4位は23,500円の「滋賀県」、3位は24,200円の「三重県」、2位は26,550円の「京都府」。そして第1位は、額が大きく上がって30,200円の「東京都」という結果になった。

全国で唯一の3万円台となった東京だが、東京は生活コストが高く、その分収入も高いため当然の結果と言えるだろう。ちなみに、同調査の「現在の貯蓄額」部門でも東京が1位に輝いている。

三重が3位なのは少し以外だが、「自分はマネー管理の知識が豊富だと思う」、「自分は家計管理が得意だと思う」の部門でも三重は2位にランクインしている。やりくり上手たちがおこづかい額を押し上げているのかもしれない。

1ヶ月の「お小遣い平均額」が高い都道府県ランキング、2位京都府、1位は東京都、半分以下の最下位は?のページです。オトナライフは、【マネーお小遣い三重県京都府愛知県東京都滋賀県都道府県ランキング】の最新ニュースをいち早くお届けします。