YouTuberってどうやって儲けているの? 実は再生報酬以外の収入源がたくさんあった!

ランキングサイト「Tuber Town」によると、2021年の国内トップ「YouTuber(ユーチューバー)」の年収は、なんと6億円を超えるという。もちろん、YouTuber全員がそんなに稼いでいるわけはないが、子どもたちの人気職業になるのも頷ける。そんなYouTuberたちの収入源は動画再生に対する報酬がメインだが、実はそれ以外にもさまざまな方法で稼いでいる。そこで今回は、YouTuberたちが、いったいどんな仕組みで収入を得ているのか紹介しよう。

YouTuberの主な収入源は動画の再生報酬!

以前、小学生がなりたい職業No,1に輝いたこともある「YouTuber(ユーチューバー)」。トップクラスになると年収が6億円以上もあるという(Tuber Town調べ)。

YouTuberの収入は、基本的に動画共有サイト「YouTube」を運営するGoogleから、動画の再生回数に応じて支払われる「再生報酬」がベースとなる。

YouTube動画を再生すると広告が表示されるようになっているが、その報酬は一般的に1再生あたり0.1円~1円程度だと言われているので、仮に1再生あたり1円の報酬なら、100万回広告が表示されればザックリ100万円程度の収入を得ることができるのだ。

もちろん、YouTuberになってもTVタレントや歌手と同じで、実際にYouTuber専業で稼げるようになるのはほんの一握りだけだが、面白いことをやって稼いでいるイメージが強いので、小学生が憧れるのも無理はない。

もちろん、人気YouTuberになれば再生報酬以外の収入もたくさん得られるようになる。これは、人気スポーツ選手がチームとの契約金や試合の賞金以外にも、スポンサー契約やCM出演料を得るの似ている。

(Image:youtube.com)

YouTubeを視聴していると、いつもこのようなCMが流れて正直ウザいが、これがYouTuberの主な再生報酬になっている。もちろん、人気YouTuberや広告の内容によっても報酬額は異なる

再生報酬以外でYouTuberが稼ぐ方法とは?

人気のYouTuberになれば、再生報酬以外にも稼ぐ方法はある。まず、YouTuber自身のチャンネルの「メンバーシップ登録」がある。

このメンバーシップ登録は、登録者がYouTuberのチャンネルに毎月課金することでメンバーとなり、視聴者は動画投稿者からのお知らせを受け取ったり、特殊なチャットアイコンを使用できるサービスのこと。その課金額の数%を、YouTuberが報酬として受け取れるのである。

次に、YouTuberが視聴者から直接報酬を得られる「スーパーチャット(スパチャ・投げ銭)」と呼ばれるシステムもある。

スパチャは、生配信のときに視聴者が投げ銭でお金を支払うことで、特別な枠を使ったコメントを送ることができるシステムだ。似たようなシステムで、投稿された動画に特別枠のコメントが残せる「スーパーサンクス」もある。

いずれも、YouTuber本人に名前やコメントを読み上げられたり、覚えてもらうことができるので、ファンとしてはついつい多額の投げ銭をしてしまうのだ。

なかには、スパチャだけで過去数億円も稼いでいるVTuber(バーチャルYouTuber)もいるというから驚きである。スパチャについては→こちらで詳しく解説している。

(Image:youtube.com)

YouTubeの生配信では画面右側にチャット欄が表示されるが、ここからお金を払って(投げ銭)コメントを書き込める(これは架空のYouTuberです)

(Image:youtube.com)

スパチャの金額が大きいほどコメントが目立つので、YouTuber本人に名前を読み上げられたりする。今では、このスパチャが人気VTuberの大きな収入源となっている

人気YouTuberになれば企業とのタイアップ案件も!

トップクラスの人気YouTuberになれば、その影響力は下手なタレントより大きくなるため、さまざまな企業から声がかかるようになる。

とくに、YouTube動画を視聴する人は「特定のコンテンツ」に興味を持っている人が多いので、企業からすれば不特定多数にTVCMを打つより、直接ターゲットに広告を見てもらえるので、対費用効果が高いと考えられているのだ。

それ以外にも、知名度の高いYouTuberになれば、TVや雑誌、イベントなどへの出演も増えるし、オリジナルグッズを発売するなど、直接YouTubeとは関係ない部分での収入がどんどん増えていくのである。

YouTuberはYouTubeの再生報酬が基本だが、近年は、スパチャなどで視聴者からの直接収入も増えている。もちろん、知名度が上がると企業やほかのメディアも放ってはおかなくなり、YouTube以外での収入が増えていく

参考元:「YouTube儲けのからくり 再生報酬だけじゃない多様な収入源」【NEWSポストセブン
参照元:Tuber Townは→こちら

※サムネイル画像(Image:Kaspars Grinvalds / Shutterstock.com

YouTuberってどうやって儲けているの? 実は再生報酬以外の収入源がたくさんあった!のページです。オトナライフは、【動画・音楽YouTubeYouTuber】の最新ニュースをいち早くお届けします。