ハードディスクはやっぱり消耗品?「HDDの生存率」がブログで発表されネット騒然!

ネット上でたびたび話題になる「HDD(ハードディスクドライブ)は消耗品」という概念。普段からPCを使っている人の中にも冗談のように聞こえるという人もいるかもしれない。しかし今回、HDDのプロフェッショナル企業が、自社で蓄積した事例などを基に「故障せずにHDDを使えるのは何年間までなのか」などを発表したという。

今回はPCユーザーであれば覚えておきたいHDDの寿命についてお伝えしていきたい。

HDDの生存率、3台に1台は6年以下!?

(Image:RoSonic / Shutterstock.com)

パソコンはいまやビジネスシーンで欠かすことはできないツールだが、3台に1台は6年以内の壊れる?

クラウドバックアップやストレージサービスを提供するBackblazeは12月17日、自身のホームページ上のブログで「How Long Do Disk Drives Last?(ディスクドライブはどのくらい持ちますか?)」の記事を公開した。同社では、お客様のデータを保存するため20万台以上のハードドライブを使用しているといい、ドライブはどれも4TBから18TBの容量を有し、合計2エクサバイト(200万TB)を超えているという。個人レベルのユーザーにとっては1TB使い切るのも大変なのだが、それを生業にしている企業は文字通り“桁が違う”ことがわかる。

そんなプロの解説によれば、「HDDの生存率」は0年目(未使用状態)の100%から緩やかに下降していき、4年目には90%程度に減少。10台に1台はここで離脱していくことがわかる。さらにその頃を境に下降が加速していき、5年目には85%を割り込み、6年目には生存率は65%となり、3台に1台は6年使えない計算だ。さらに「6年を超えた場合に信頼できるようなデータは十分集まらなかったため」6年目以降の数字は予測となるものの、「HDDの生存率が50%を下回るのは、6年9カ月になる」とも伝えているという。

ハードディスクはやっぱり消耗品?「HDDの生存率」がブログで発表されネット騒然!のページです。オトナライフは、【スキル・ビジネスHDDパソコン】の最新ニュースをいち早くお届けします。