「あーっ!困ります!お客様!」瞬間接着剤の正しい使い方を指摘する、セメダイン公式ツイートが話題!

「お客様!!あーっ!!困ります!!お客様!!あーっ!!瞬間接着剤で!そのような塗り方は!!あーっ!!」突然何かというと、これは接着剤メーカーとして知られるセメダインのツイッター公式アカウント・セメダイン(@cemedinecoltd)上で発した魂の叫びだ。接着剤のプロであるセメダインが叫び出すほどの“そのような塗り方”とは…。いったいどんな塗り方が瞬間接着剤的にNGなのだろうか?

瞬間接着剤の正しい使い方とは!?

瞬間接着剤は塗りすぎると、かえって乾くまでに時間がかかり、瞬間でくっつかなくなることも(画像はツイッターの投稿画像を引用)

瞬間接着剤のNGな塗り方とは、「ノズル部分で接着剤を塗り広げること」だった。セメダインによれば、ノズル詰まりや内部硬化の原因となるうえに貼り合わせてもうまく接着できないこともあると説明している。

これには、「あーーーっ やってた……」や「すぐダメになるのはこのせいかーーー!!!」、「もっと早く知りたかったオブザイヤー優勝」などと、瞬間接着剤の正しい使い方を知らなかった多くの人からの反応が続出している。筆者もまさに、NGの塗り方の見本のようなことをしてしまったことで、1度しか使用していない瞬間接着剤をダメにしてしまったところだった。

セメダインによるとノズル等で塗り広げることはせず、くっつけたいもの同士を貼り合わせることで液を広げるのが正解とのこと。「ノズル先端は離して『滴下』するイメージで塗ってくださいませ。適量は10円玉サイズに1滴です」ということだ。これまで塗り方も、くっつけ方も、量も、全て誤って使っていた多くの人々は、このツイートを見て地味にショックを受けたに違いない。

たまにしか使わないけど、だいたい失敗

瞬間接着剤で皮膚同士がくっついてしまった時は、ぬるま湯の中でモミモミすると剥がれるそうだ

ここまでで完全K.O.されている上に、「そのままノズルを拭かずに蓋を閉めるまでが初心者セット(2敗)」や「もう既に固まる手前くらいで拭こうとしてティッシュとか布とか拭くものが引っ付いてしまうまでもセットで」、「私は、さらにそこから、手にもティッシュがくっついてしまうのです…」と、瞬間接着剤に敗北を喫し続ける人々の泣きっ面に蜂状態が披露された。

これにもきっと、共感する人は多いのだろう……。一方で、「これ知ってはいるんですが、実際に瞬間接着剤を使うときには完全に忘れて、やってしまう…」と、ダメだと分かっていても、たまにしか瞬間接着剤を使わない故に、その時に忘れてしまうのだという人も。

たまにしか使わないながらも、その“たまに”で必ずと言っていいほど、何かしらの失敗が伴っていた瞬間接着剤。「接着剤が皆さんの身近な存在になれる様に頑張ります!」と意気込むセメダインの今回のツイートによって、地球上の多くの人々が救われたことだろう。ありがとう、セメダイン!これからも、瞬間接着剤に関する様々な情報提供を願う。

引用元:お客様!!あーっ!!困ります!!お客様!!あーっ!!瞬間接着剤で!そのような塗り方は!!【セメダイン(@cemedinecoltd)さん】

「あーっ!困ります!お客様!」瞬間接着剤の正しい使い方を指摘する、セメダイン公式ツイートが話題!のページです。オトナライフは、【ヘルス・ライフTwitterで話題アロンアルフアセメダイン】の最新ニュースをいち早くお届けします。