アップル初売りで限定「虎AirTag」を配布も、「在庫処分感ありあり」「物足りない」など否定的な意見も

現在、ドコモやauの「iPhone 13 mini」1円セールなど、さまざまな場所でiPhoneの販売合戦が繰り広げられている。そんな中、アップルの初売りでも対象のアップル商品を購入すると最大2万4,000円分のアップル Gift Cardが付与されることが分かった。しかし、初売り対象のiPhoneが大手キャリアに比べて対象モデルの微妙さや還元額の低さが目立ち、ネット上からは「パッとしない」「在庫処分感満載」などあまり芳しくない反応が続出している。

今回は、アップル ストアの初売りと、それに対する世間の反応について詳しく見ていこう。

iPhone12シリーズ購入で6,000円分のアップル Gift CardとAirTagをゲット!

(Image:apple.com)

初売りで目玉の「虎AirTag」22年の干支の特別バージョン

アップル ストアの初売りでは、「iPhone 12」「iPhone 12 mini」「iPhone SE⁠」のどれかを購入すると、アップル Gift Card(6,000円分)が贈呈されるという。そのほか、アップル Watchやアップル TV、Beats、その他アクセサリでは6,000円、Air Podsでは9,000円、iPadでは12,000円、Macでは最大24,000円分のアップル Gift Cardが付いてくるため、お得に購入できるという。

また、今回の初売りで目玉といえるのが、iPhoneを購入した先着2万名にプレゼントされる「AirTag」。しかもこのAirTag 、2022年の干支である虎がデザインされた特別バージョンで、かなりレア度が高い代物となっている。

AirTagとは、アップルによって開発された紛失防止タグのことで、2021年4月に発売された当初は忘れ物や紛失が多い人の間で「便利すぎる」と話題を呼んでいた。特製AirTag欲しさにiPhoneの初売りに挑むという人が出てくることは確実だ。

アップル初売りで限定「虎AirTag」を配布も、「在庫処分感ありあり」「物足りない」など否定的な意見ものページです。オトナライフは、【iPhone&AndroidAirTagApple初売り】の最新ニュースをいち早くお届けします。