農家からの切実なお願い「カットされた白菜は内側から使って」と衝撃の裏技が話題に!

白菜を長持ちさせる使い方をご存じだろうか。鍋やスープ、味噌汁など冬のぽかぽかグルメで大活躍する白菜だが、1玉どころか、4分の1カットの白菜すら使い切るのが大変という人も少なくないだろう。そんな白菜の効率の良い使い方がTwitterで話題を呼んでいる。今回は、農家のマノマノ(@manomano_farm)さんから寄せられた白菜の使い方に関する豆知識を紹介する。

「白菜は内側から使う」衝撃の豆知識に驚きの声殺到

野菜を無駄なくおいしく食べる人が増えるよう野菜に関する豆知識を発信するマノマノさん(画像:Twitterの投稿画像を引用)

マノマノさんは12月25日、「農家から切実なお願い」と題し、「カットされた白菜は内側から使ってください!その方が鮮度が長持ちします!内側から食べることで外葉に栄養や旨味がとどまるので、最後まで新鮮に美味しく食べられるのです。ぜひ内側からお召し上がりください!」と白菜の使い方についてツイート。内側から使うことで鮮度を保ったまま使い切ることができるという。

同ツイートには、19.7万件のいいね、6.4万件のリツイート(2021年12月27日時点)が寄せられ、反響を呼んでいる。「この冬一番の衝撃」「外側からせっせと使ってました」「たいていの人は外側から使っているよな」と、驚きの声が続出。内側から使うことを知らなかった人も多いようだ。また、1玉購入した場合は「わざわざカットして内側から使うの?」と疑問を抱くコメントや、大容量だからこそ、長持ちさせるためにもカットして内側から使った方が良いのでは?」といった意見も上がっている。

「内側から使った方が長持ちする」は本当だった…!?

マノマノさんの過去のツイート(画像:Twitterの投稿画像を引用)

マノマノさんは過去にも「白菜に『黒い点』があっても食べてください!この点はポリフェノールです!寒くなると発生する生理現象で甘みがあって美味しいです!」と、白菜に関する豆知識をツイートしている。野菜をおいしく食べることに精通しているマノマノさんの豆知識を信頼するフォロワーが多いようだ。

では実際にマノマノさんが主張する「内側から食べることで外葉に栄養や旨味がとどまる」というのは本当なのだろうか。大手レシピサイト・クックパッドが運営するメディア「クックパッドニュース」によると、白菜は外側から内側へ栄養を届けようとするため、内側から使うことで栄養が外側の葉に留まるようだ。やわらかくて甘味が詰まった内側を新鮮なうちに食べ、栄養分の残った外側を後から食べることで、1玉まるごとおいしく食べられるというのだ。

安売りでつい多めに購入してしまう白菜。1玉や半カットを購入してしまったものの、「今日はまるごと使い切れない」と思ったときには、マノマノさんの豆知識を役立ててみてはいかがだろうか。

引用元:【農家から切実なお願い】カットされた白菜は内側から使ってください!【マノマノ稲穂(@manomano_farm)さん】

※サムネイル画像は(「写真AC」より引用)

農家からの切実なお願い「カットされた白菜は内側から使って」と衝撃の裏技が話題に!のページです。オトナライフは、【グルメTwitterで話題白菜】の最新ニュースをいち早くお届けします。