HDMI新規格・HDMI 2.1aの発表に「これ以上規格をややこしくしないで」と混乱するユーザーが続出!

みなさんは“ケーブル”と聞いて何を思い浮かべるだろうか。世界で広く使われている「USB Type-C」「MicroUSB」やアップル製品で見られる「Lightningケーブル」、さらにはテレビとPC・ゲームをつなぐ「HDMI」など、多種多様なケーブル規格が存在することはご存知の通りだ。

今回はその中でもHDMIに新たな規格ライセンスが誕生したことについてお伝えしていきたい。新たな進化を伝える朗報かと思いきや、ネット上ではあまり歓迎されていないようだ。いったい何故なのだろうか…。

HDMIの新規格「HDMI 2.1a」が発表される

こんな形状のケーブル、一度は見たことがあるだろう

世界最大の家電見本市・CES 2022に先んじて開催されたバーチャルプレスブリーフィングで、HDMI規格を策定するHDMIフォーラムは新たな規格「HDMI 2.1a」を発表したという。この新規格には、映像をより鮮明に表現できる「Source-Based Tone Mapping(SBTM)」と呼ばれる新機能が追加される。

SBTMはPCやゲーム機を想定して設計された機能だといい、「ディスプレイ上のあるウィンドウで美麗な映像を表示し、同時に別のウィンドウでは白地に黒のテキストを表示した状態で映像を最適化する」ことができるとも報じられている。PC画面上で、映画作品などを見ながらネットサーフィンをしていても、どちらかの画面状態に寄せた補正となるのではなく、それぞれに最適化された補正がかかるということだろう。“ながら見”派の人にとってはかなりの朗報と言っても良さそうな機能だ。

しかし実はこのSBTM、あくまでHDMI 2.1aのオプション機能。この機能を持たないケーブルでもHDMI 2.1aのライセンス認証を受けられてしまうという。さらに厄介なことに今後はすべてのHDMI対応機器がHDMI 2.1a方式で認証されるため、「SBTMの機能を持たないHDMI 2.1a」という、「それもうただのHDMI 2.1じゃん」というケーブルが生まれることになるようだ。同様の現象はHDMI 2.0からHDMI 2.1へのバージョンアップでも発生し、批判を浴びていたという。

HDMI新規格・HDMI 2.1aの発表に「これ以上規格をややこしくしないで」と混乱するユーザーが続出!のページです。オトナライフは、【デバイスHDMI】の最新ニュースをいち早くお届けします。