QRコード決済「王者PayPay」が独走状態に!2位は楽天ペイ、d払い、au PAYのシェア争いが激化

スマートフォン1台持っていれば、財布を持ち歩かなくても気軽に支払いができるQRコード決済。ここ数年で当たり前となりつつあるが、実際によく使用されているQRコード決済は何なのだろうか。今回は、インフキュリオンが行った調査をもとに、各種キャッシュレス決済の利用率とQRコード決済のシェアなどについて紹介する。数あるサービスの中で一番人気となるQRコード決済は果たして……。

QRコード決済、利用者は右肩上がりに増加中!

クレジットカード決済はキャッシュレス決済の中でも随一の利用率だ(インフキュリオン調べ)

インフキュリオンは、全国の16歳〜69歳男女5,000人を対象にQRコード決済に関する動向調査を実施。キャッシュレス決済手段では、78%の人が「クレジットカード」を利用していると回答し1位に選ばれている。次いで2位「FeliCa型電子マネー」(58%)、3位「QRコード決済アプリ」(56%)、4位「ブランドデビット」(22%)、5位「ブランドプリペイド」(9%)、6位「BNPL(後払い決済サービス)」(8%)という順に。中でもQRコード決済は2019年の第一回調査から急速に利用率を伸ばしており、このままいけば次回・次々回調査でFeliCa型電子マネーを追い越すほどの勢いだ。

では、QRコード決済は日常のどのような場面で使用することが多いのだろうか。「QRコード決済サービスの使い分けについて」について見てみると、「お店によって使い分けている」と回答した人は37%、「キャンペーンによって使い分けている」は32%を占めている。決済サービスによって配布されるクーポンの対象店舗やキャンペーン期間が異なるため、お得さを求めて上手に使い分けている人が多いことが伺える。一方「特に使い分けず、なるべく同じアプリを利用している」と回答した人は16%で3番目に多い結果となった。残高やポイントの管理を一本化したいというニーズもあるようだ。

QRコード決済「王者PayPay」が独走状態に!2位は楽天ペイ、d払い、au PAYのシェア争いが激化のページです。オトナライフは、【マネーau PAYd払いPayPayQRコード決済楽天ペイ】の最新ニュースをいち早くお届けします。