Twitter芸人現る!? オチが秀逸すぎる「熊本市長」の成人の日エピソードが話題に

全国各地で成人式が行われた「成人の日」(1月10日)。各地の個性的な成人式や、成人のコメントがニュースで報道される中、ネットでは熊本市長・大西一史氏(@K_Onishi)のツイートが「まるでTwitter芸人のよう」などと話題を呼んでいる。今回は、成人の日に投稿された大西市長の秀逸なツイートを紹介する。

オチが秀逸すぎる、大西市長の成人式ツイートが話題

(Image:Kae B Yuki / Shutterstock.com)

くまモンも、、、大西市長のツイートに「ビックリ」!

大西市長は1月10日、自身のTwitterアカウントにて成人の日の思い出をツイート。「私の成人の日は浪人中で親に嘘ばかりついてドラム三昧。せめて今年こそ何とか大学に受からねばと少し心を入れ替えていた時期。下宿に帰ると母から『成人おめでとう。今年は頑張って』と電報が届き情けなくて泣いた」と、浪人時代の感動エピソードを綴った。続けて「それから34年後市長になり風呂場でこけて骨折して成人式に出られず情けなくて泣いた」と、しっかりオチまでつけてフォロワーの笑いを誘った。

1月3日に自宅の風呂場で仙骨を折る全治8週間の大けがをしていた大西市長。4日には「昨日入浴の際に転倒して臀部を強打して仙骨を骨折してしまいました。全治8週間で痛みが治るまではリモートで執務を行い安静にします。私の不注意で市民の皆さんにご迷惑をおかけして申し訳ありません」と病状を報告。成人式には祝福のビデオメッセージを送ったというが、成人式に出席できないことがよほど悔しかったようだ。

称賛の声多数、SNSでも好感度アップ

大西一史市長(@K_Onishi)のツイート(画像はTwitterの投稿画像から引用)

自虐ネタを込めた大西市長のツイートにネットでは「成人の日に因んだ、若気の至りと愛と涙、大成した今の痛みと愛とオチが、140文字で見事に収まっていて天才」「構成力もユーモアも文才もある」「話のまとめ方が上手い、笑いごとじゃないけど笑ってしまう」など、センスあふれる大西市長のツイートに称賛の声が多数寄せられている。

「偉いさん特有の心に響かないちょっと良い話かと思ったら草」「文体がギャル臭くてワロタ」などの意見もあがり、若者の心にも響くツイートとなったようだ。

大西市長といえば、2014年に熊本市長に初当選し、現在2期目。2016年4月に発生した熊本震災の後には「ポスト震災まちづくり」に取り組んだり、2021年4月には、新型コロナウイルスのワクチン接種で移動が大変な高齢者支援のため1人あたり2,000円分のタクシー券を補助すると発表したりと、市民ファーストな政策を行ってきたことで知られている。

熊本市民に親しまれてきた大西市長が、今回のユーモアあふれるツイートでもますます高感度を上げる格好となったようだ。どの市長の成人に向けたメッセージよりも若者に響いたのではないだろうか。

引用元:成人式に出られず情けなくて泣いた【熊本市長 大西一史 #FullyVaccinated(@K_Onishi)氏】

※サムネイル画像(Image:Kae B Yuki / Shutterstock.com

Twitter芸人現る!? オチが秀逸すぎる「熊本市長」の成人の日エピソードが話題にのページです。オトナライフは、【ヘルス・ライフTwitterで話題成人の日熊本市長】の最新ニュースをいち早くお届けします。