Appleが韓国でのサードパーティー決済を許可、問題視されていた「アップル税」はどうなる?

サードパーティーによる支払いの波は日本にも訪れるか

(Image:Drop of Light / Shutterstock.com)

アップルのブランド力は世界有数だ

このニュースに対し日本のネットユーザーも即座に反応。楽天グループCEOの三木谷浩史氏も自身のツイッターアカウントで「日本政府も迅速に対応してもらいたい」とコメント。サードパーティーによる支払いの日本での早期導入を求めた。

他のユーザーからも「これは大きなニュース」「独占は結局こうなる…」「いろんな理由つけて外部課金を排除してきたけど、流石にやりすぎだな」「囲い込みや、売り上げピンハネの商慣行が変わるとよいが」「これを皮切りに対象の国増えてくるかな」など様々な反応が寄せられた。

しかし転んでもただは起きないというか、アップルも“アップル税”を完全に手放すつもりはないようで、30%よりは低い割合で手数料を徴収することになるとも伝えられている。果たしてその割合はどれほどになるのだろうか…。

今後日本もこの動きに合わせた変化が起こる可能性も十分にあるため、「サードパーティー側の手数料と合わせたら以前より割合が増えてしまいました」なんてことがないよう、今後の動向に注視したい。もし決済手数料の負担が減り開発側により多くのお金が入るようになったら、現在利用しているサービスがより充実したり、手数料が減った分だけアプリ内の値下げが行われたりするかもしれない。ユーザーへのメリットにつながることにも期待したい。

引用元:Korea Heraldは→こちら
参照元:ついにAppleがサードパーティーの決済手段の利用をiOSで許可へ、まずは韓国が第1号【GIGAZINE

※サムネイル画像(Image:BigTunaOnline / Shutterstock.com

オトナライフ編集部
iPhone・Android・SNS・パソコン関連・キャッシュレス、QRコード決済など、さまざまな情報を独自の視点や切り口で発信するニュースサイト
Twitter:@otonalife

生活をもっと楽しく刺激的にする[オトナライフ]

Appleが韓国でのサードパーティー決済を許可、問題視されていた「アップル税」はどうなる?のページです。オトナライフは、【アプリApp StoreAppleサードパーティー】の最新ニュースをいち早くお届けします。