iPhone 14 Proのカメラが超進化!? しかし時期が遅い感も否めず。高画素ってそんなに必要?

「iPhone 13」が期待外れで終わったためか、世間はすでに次なる「iPhone 14(仮称)」への期待を募らせているようだ。そんななか、2022年秋に登場すると予想されている「iPhone 14 Pro(仮称)」の、メインカメラのスペック情報についての予測がTrendForceから発表された。それによれば従来の1,200万ピクセルカメラではなく、4,800万ピクセルのイメージセンサーが搭載されるという。だが、実際に撮影できる画素は1,200万ピクセルに留まるのではないかとの指摘も。果たして、それほどの高画素数は必要なのか?

ずっと1,200万ピクセルを維持していたのは理由があったからじゃないの?

iPhone6sが登場した頃は「下手なデジカメよりきれいに撮れる」と言われることも……

iPhoneシリーズのカメラの歴史をたどってみると、2014年に登場したiPhone6が800万ピクセルで、翌年登場のiPhone6sが1,200万ピクセルへアップグレード。以来、ずっと1,200万ピクセルを維持してきた。他のスマホメーカーからはどんどん高画素のカメラを備えたスマホを発表しているにも関わらず、アップルがかたくなといえるほど1,200万ピクセルを維持していたのはそれなりに理由があったはずだが、ここにきての方向転換に「なんだかなぁ……」と感じたのは筆者だけではないはずだ。

これまで1,200万ピクセルを維持していた理由として、ストレージ容量の不足を懸念していたことが挙げられる。高画素の画像は必然的にファイルサイズが大きくなる。ユーザーが求める画質、撮影後の画像処理、現状のストレージを考えると、1,200万画素程度が必要十分といえる。写真をピンポイントで拡大したり、大きく引き伸ばしてプリントしたりしない限り、それほどの高画素は必要がないのだ。それよりも、撮った写真を頻繁に整理する必要がある方が煩わしい、というわけだ。

iPhone 14 Proのカメラが超進化!? しかし時期が遅い感も否めず。高画素ってそんなに必要?のページです。オトナライフは、【iPhone&AndroidiPhone 14iPhoneの噂まとめ】の最新ニュースをいち早くお届けします。