アップル、世界シェア首位奪還!「世界スマホ出荷台数ランキング」でサムスンを僅差で抑え戴冠

2021年第4四半期の世界スマホ出荷台数ランキングが明らかになった。日本国内はiPhoneのシェア率が圧倒的な高さを誇るが、世界的に見ると珍しく必ずしもそうでもない。しかしそのアップルが、世界スマホ出荷台数で首位を奪還した。僅差で争うのはサムスン(SAMSUNG)、続いて中国メーカーが猛攻をかけている。果たして2022年は、スマホシェアはどのように変化してゆくのだろうか。

世界スマホ出荷台数はアップルが1位に

(Image:Urbanscape / Shutterstock.com)

しばらく2位に甘んじていたアップルだがiPhone13の人気で首位を奪還

1月18日、市場分析会社のCanalysが2021年第4四半期の世界スマートフォン市場の調査結果を発表した。世界のスマホ出荷台数ランキングは次の通りとなった。

見事第1位に輝いたのはアップルだ。第3四半期では全出荷台数の15%に留まっていたが、第4四半期では22%を占めて首位に返り咲いた。圧倒的にiPhoneの所有率が高い日本人からすると意外な結果のようにも思えるが、むしろ特殊なのは日本のほう。Statcounterのデータによれば、日本におけるスマホのOS別シェアはiOSが67.42%(2021年12月時点)と多数派となっているのだが、中国やヨーロッパの国々でiOSのシェア率はAndroid OSの後塵を拝している状態だ。そのなかでの首位奪還は「iPhone 13」の人気と需要の高さを示していると言えそうだ。

そしてランキング2位となったのは、第3四半期の首位から惜しくも順位を落としたサムスン(SAMSUNG)だ。しかしシェア率は20%と、前年同時期の17%からポイントを伸ばしておりアップルに逆転されたとはいえその差はわずかだ。さらに主力製品であるギャラクシーのフラッグシップスマートフォン「Galaxy S22(仮称)」の販売が予定されており、また形勢が変わることも予想される。

アップル、世界シェア首位奪還!「世界スマホ出荷台数ランキング」でサムスンを僅差で抑え戴冠のページです。オトナライフは、【iPhone&AndroidAndroidAppleiPhoneOPPOVivoサムスンシャオミスマホランキング】の最新ニュースをいち早くお届けします。