転職先で「悪い意味で想像と違った」実際のエピソードランキング、1位は「面接時はみんな感じが良かったのに…」なアレ

仕事の満足度を高めて人生を豊かにするための情報を発信するサイト「キャリアバイブル」は2021年12月18日~21日、「転職先で悪い意味で想像と違ったこと」に関するアンケートを実施。全国の男女1,619名から得た回答を集計し、その結果を発表している。

今回は、気になるその調査結果を発表していこう。世の中のサラリーマンは、転職後にどんなギャップを感じているのだろうか…。

「悪い意味で想像と違ったこと」約半数が「ある」と回答

「良い意味で想像と違ったこと」の理由の第2位は「職場の雰囲気や環境」、第3位は「人間関係」だった(キャリアバイブル調べ)

今まで転職したことがある方は、良くも悪くも前職と現職で違いを感じることは多いだろう。キャリアバイブルが2021年12月に発表した「良い意味で想像と違ったこと」の調査では、39.0%が「良い意味で想像と違ったことがある」と回答。その中でも、最も多かった理由は「待遇(給与や福利厚生)」が良かったというものだった。思っていたよりたくさんの給料を貰えたならば、「いい会社に入った」とやる気が出そうなものだ。

しかしながら、今回ご紹介するのは、それの全く逆となる転職先で「悪い意味で想像と違った」こと。最初の質問は、「転職先に入社後、『悪い意味で想像と違ったこと』はありますか?」というもの。これには、「ない」が50.3%、「ある」が49.7%と、拮抗する結果に。やる気と希望を持って転職したとしても、悪いギャップを見つけてしまったら、それがきっかけとなってモチベーションダウンにも繋がりかねないところだが、約半数もの人がその状況下であることが明らかとなった。

入社後でないと分かり得ない会社事情は多い

「その他」のコメントでは、「仕事に必要な経費が全部自己負担だった」というものもあった(キャリアバイブル調べ)

「どのようなことが悪い意味で想像と違っていましたか?」という質問に対しては、「人間関係」が24.2%で最多。そして、「職場の雰囲気や環境」16.3%、「休日や勤務時間」15.8%、「待遇(給与や福利厚生)」14.9%、「勤務条件や仕事内容が違った」13.3%と続く結果となった。

「人間関係」や「職場の雰囲気や環境」に関するコメントでは、「面接に行ったときは職場の雰囲気が良く人間関係は良好だと思っていたが、入社したら人間関係のトラブルが多発していて職場の雰囲気が最悪だった」や「すごく楽しく働けそうに見えましたが、上司がすごく嫌な人でした」、「社内の雰囲気が暗く外から来た自分に対してどこか、排他的な態度を取られた」などの声が寄せられた。また、「働きやすい快適な職場と聞いていたのに空調などがきいていなかったりして暑かったり寒かったりで快適では無かった」という、物理的な問題を感じた人もいたようだ。これらは、働き始めてみないとほぼ分かり得ないことだろう。上司や同僚に恵まれないのも、小さい企業では配置転換もないだろうから、我慢するしかないのかと悩んでしまいそうだ。

この他には「休日出勤や残業が求人時に記載されていたものと全然違った」、「ボーナスがあると聞いていたのに就業規則にはその記載がなかった」、「腰が悪いので力仕事は無しでという契約だったが、けっこう力仕事を頼まれた」などのコメントも。そんなことをしている企業は法的に罰せられるのでは?と感じる内容も非常に多かった。

採用される側として、どこまで踏み込んだ質問をしていいかの塩梅は非常に難しい。しかし、入社しないと分かり得ない社内の雰囲気は運に任せるしかないとしても、せめて条件面だけは悪いギャップを産まないためにもきっちり確認しておきたいところだろう。

出典元:【約半数が経験】転職先に入社してみて分かった「悪い意味で想像と違った」実際のエピソードを紹介!CAREER BIBLE
●株式会社NEXERは→こちら

※サムネイル画像は(「写真AC」より引用)

オトナライフ編集部
iPhone・Android・SNS・パソコン関連・キャッシュレス、QRコード決済など、さまざまな情報を独自の視点や切り口で発信するニュースサイト
Twitter:@otonalife

生活をもっと楽しく刺激的にする[オトナライフ]

転職先で「悪い意味で想像と違った」実際のエピソードランキング、1位は「面接時はみんな感じが良かったのに…」なアレのページです。オトナライフは、【スキル・ビジネス就職転職】の最新ニュースをいち早くお届けします。