今さらだけど、Wi-Fiの2.4GHzと5GHzって何がどう違う? どっちを使うべきなの?

スマホでWi-Fiに接続するとき、電波が「〇〇-A」と「〇〇-G」の2つが表示されていることがある。実はこれ、Wi-Fiの「2.4GHz」か「5GHz」のどちらの周波数帯に接続するかということなのだが、そもそも「2.4GHz」か「5GHz」って何なのだろうか? そこで今回は、Wi-Fiの「2.4GHz」と「5GHz」の基本と、どちらに接続すべきか解説しよう。

Wi-Fiには大きく分けて2つの周波数帯がある!

スマホやパソコンで自宅や会社などのWi-Fi(無線LAN)に接続しようとすると、Wi-FiのSSID(電波)が「〇〇-A」と「〇〇-G」の2つが表示されることがある。

同じWi-Fiなのにどうして2種類もあるのか不思議に思った人も多いだろう。これって、いったいどっちにつなげばいいの? 

そもそも、Wi-Fiの規格は「IEEE802.11」というもので、「IEEE」は世界標準規格を策定する「米国電気電子学会」の英語名“アイ・トリプル・イー”と読む。

これは非常に覚えにくいので、今ではもっと簡単な表記になっている。これについては→こちらを参考にしてほしい。

「IEEE802.11」はそのあとに「11b」「11g」「11a」「11n」「11ac」「11ax」といった名前が続き、これが規格の名称になっている。

Wi-Fiの規格については下の表で確認してほしいが、10年以上前は11bや11gが主流だったが、その後11a→11n→11ac→11axと進化しており、新しい規格ほど通信速度も速い。

とはいえ、Wi-Fiで使われる電波は、どの規格でも大きく分けて「2.4GHz」か「5GHz」のどちらかの周波数帯が利用されているが、「11n」と「11ax」は2.4GHzと5GHzの両方の周波数帯を利用している。

つまり、Wi-FiのSSIDで表示される「〇〇-A」は5GHz、「〇〇-G」は2.4GHzの周波数帯ですよ、という意味なのである。

Wi-Fの周波数帯の違い1

スマホでWi-Fiに接続するとき、「〇〇-A」とあれば5GHz、「〇〇-G」は2.4GHzの周波数帯となる。「〇〇2.4G/5G」と表記があれば「11n」か「11ax」ということになる

Wi-Fの周波数帯の違い2

こちらはWi-Fiルータ本体の背面に記載されているSSIDとパスワード。これを見て暗号キーを入力すれば、Wi-Fiに安全に接続することができる

Wi-Fの周波数帯の違い3

Wi-Fiの規格は11b→11g→11a→11n→11ac→11axの順で高速な新しい規格になるが、使用する周波数帯は2.4GHzと5GHzの2つがあるのが分かるだろう

2.4GHzと5GHzのメリットとデメリットは?

まずは2.4GHzの特徴を紹介しよう。2.4GHzは障害物に強く電波が遠くまで届きやすい特性がある。また、かなり古いパソコンやゲーム機などでは2.4GHzの「11g」が使われていることが多い。

ただし、2.4GHzはWi-Fiだけでなく、Bluetooth機器や家電製品など、さまざまな機器で使用されているため、混線すると不安定になることがある。

また、電子レンジを使うと、電波干渉を起こして接続が切れてしまうほか、マンションなどでは、隣の部屋の電波の影響を受けて速度が遅くなることも……。

これに対し5GHzはWi-Fiでしか使われないので、電波干渉を受けにくい。また、2.4GHzよりも通信速度が速いのがメリットだ。

しかし、5GHzの電波はあまり遠くまで届かず障害物に弱い特性がある。また、5GHzは10年ほど前から使われだしたので、新しい機器でないと利用できない場合がある。

2.4GHzと5GHzのメリットとデメリット1

2.4GHzは壁があっても遠くまで電波が届く。しかし、通信速度は遅く、電波干渉を受けやすい特性がある

2.4GHzと5GHzのメリットとデメリット2

5GHzはあまり遠くまで電波が届かないうえに障害物に弱い。ただし、近くにWi-Fiルータがあれば、非常に高速で電波干渉にも強い特性がある

結局、2.4GHzと5GHzはどっちがいい?

2.4GHzと5GHzのメリットとデメリットが分かったところで、結局、どちらを使えばいいのか考えてみよう。

まず、基本的な考え方として「5GHz」のほうが通信速度が速いので、Wi-Fiルータが目視できる自宅やオフィスなどで接続するなら「5GHz」で接続すればよい。

これに対し、Wi-Fiルータがある場所から離れた部屋で接続するなら「2.4GHz」がおすすめとなる。また、古い機器では2.4GHzでしか接続できない場合もある。

2.4GHzと5GHzはどっちがいい?

ここ5年くらいで購入したスマホやパソコンで接続するなら、基本的には5GHz(〇〇-A)で接続しておけばよい

いかがだろうか? Wi-Fiで使われている2つの周波数帯「2.4GHz」と「5GHz」の違いが何となくお分かりいただけただろうか? 

通常のネット閲覧程度では、どちらでつないでも問題ないが、極端に遅かったり接続が途切れるようなら、「A」と「G」を切り替えてみればいいだろう。

なお、Wi-Fiにうまくつなげられないときは→こちらの記事を参考にしてほしい。

文=すずきあきら/編集・ライター

今さらだけど、Wi-Fiの2.4GHzと5GHzって何がどう違う? どっちを使うべきなの?のページです。オトナライフは、【スキル・ビジネスWi-Fi】の最新ニュースをいち早くお届けします。