光回線契約、ポイントは「携帯とのセット割」? 人気ランキングで2位のドコモ光を上回った1位とは

現代人にとってもはや無くてはならない存在となっている「ネット環境」。最近は若年層を中心に自宅に固定回線を引かずスマートフォンによるテザリングで賄っている人も多いようだが、やはり「光回線」などの高速通信は非常に魅力と言えるだろう。

そんな中、とある調査から光回線の業界シェアが判明した。いったいどこのサービスが業界1位となっているのだろうか…。

契約している光回線、スマホキャリアがトップ3を独占!

“三大キャリア”の光回線サービスだけで全体の6割にのぼった(「LANY」調べ)

20代向け転職メディア「じょぶおたく」を運営するLANYは1月31日、光回線・モバイル回線の解説メディア「やさしくねっと」と合同で実施した「光回線の利用状況」に関するアンケート調査の結果を発表した。調査対象は「過去1年以内に光回線を契約した10代~70代の男女」となっている。

その内容によると、「新しく契約した光回線」のランキングで1位となったのは、22.3%の回答者が選んだ「ソフトバンク光」だった。そして2位には「ドコモ光」。1位のソフトバンク光には及ばなかったものの、21.4%とかなり拮抗していることがわかる。そして3位には「auひかり」(17%)が入り、見事トップ3はスマホの“三大キャリア”の系列が占める結果となった。
一方で“三大キャリア”に追いつけ追い越せと2020年にキャリア参入した楽天グループの一員である「楽天ひかり」は4.5%で6位タイと奮わなかった。また、NTT東日本・西日本の提供する「フレッツ光」は11.6%で4位、個性的なCMが話題の「NURO 光」は7.1%の5位となっている。

光回線を選ぶ基準、「携帯とのセット割」が今後カギを握るかも?

少数ながら「知名度」で選ぶ人がいることにも驚きだ(「LANY」調べ)

“三大キャリア”と楽天、両者の光回線サービスシェアの明暗を分けた理由はいったい何なのだろうか。「光回線を選ぶ基準は?」という設問の回答を見ると、1位は「基本料金」、2位も「速度」となっている。やはり「安い・はやい」は光回線でも重要なのだ。

そして注目したいのが、3位に「携帯とのセット割」が入っている点だ。50.9%の回答者が挙げており、2人に1人は判断材料にしていることがわかる。もしかすると楽天ひかりも、今後いままで以上に携帯とのセット割の企画や情報発信に注力していくことができれば業界シェアを拡大していくことができる……かもしれない。

楽天ひかりではすでに「楽天ひかりUN-LIMITキャンペーン」と題して、楽天モバイルの「Rakuten UN-LIMIT VI」を利用中、または期限内に申し込むと、楽天ひかりの月額基本料が開通月から最大12カ月無料になるキャンペーンも実施している。
従量制プランを敷く楽天モバイルであれば、自宅に固定回線があれば自宅にいる際には固定回線を使って通信量を削減し、その分料金を安く抑える効果も期待できるだろう。従量制との相性の良さを活かして、今後楽天ひかりがシェアを拡大していくことができるか。注目していきたい。

出典元:株式会社LANYは→こちら
参照元:光回線・モバイル回線の解説メディア「やさしくねっと」は→こちら

オトナライフ編集部
iPhone・Android・SNS・パソコン関連・キャッシュレス、QRコード決済など、さまざまな情報を独自の視点や切り口で発信するニュースサイト
Twitter:@otonalife

生活をもっと楽しく刺激的にする[オトナライフ]

光回線契約、ポイントは「携帯とのセット割」? 人気ランキングで2位のドコモ光を上回った1位とはのページです。オトナライフは、【スキル・ビジネスauひかりソフトバンク光ドコモ光ネット回線ランキング光回線】の最新ニュースをいち早くお届けします。