ソフトバンク「5G人口カバー率」で楽天モバイルにマウント? しかしネットの反応は微妙

楽天モバイルの人口カバー率がついに96%を達成した。以前から目標として掲げていた先行のキャリア各社と同等レベルへと到達し、「4G回線の」自社回線エリアの拡大にひとつのめどがついたとも言えそうだ。しかしそんな中、先行キャリアのひとつ・ソフトバンクも「『5G回線の』人口カバー率が85%を突破した」と発表している。

今回は、キャリア各社の回線の人口カバー率発表と、ネット上での反応についてお伝えしていきたい。

楽天モバイルとソフトバンク、ともに人口カバー率を発表

楽天モバイルも、次は5Gエリアの整備に本腰?

楽天モバイルは2月4日、「楽天モバイル、楽天回線エリアの4G人口カバー率が96%に到達」のリリースを発表。キャリア参入当初は東名阪を中心として23.4%だった4Gの楽天回線エリアの人口カバー率が、全国へと広がり96%に達したという。世界的な半導体不足等で一時エリア拡大が難航した時期もあったが、これで既存の“三大キャリア”と同じ土俵に立った、とも言えそうだ。

しかし同日、“三大キャリア”のひとつであるソフトバンクも「5Gの人口カバー率が85%を突破」と題したリリースを発表した。これまでも新サービスである5Gの普及の展望を語る際にはたびたび用いられていた人口カバー率だが、実績を語るにあたっては“基地局の数”を提示することのほうが多い。今回のように人口カバー率で報告するのは少々珍しいことと言え、「あちらは4Gが普及したばかりだが、こちらは既にこれだけ5Gエリアを展開している」というアピールとも取れそうだ。「楽天モバイルの発表に対抗する意図があるのでは?」と勘繰られても仕方がないと言えるだろう。

ソフトバンク「5G人口カバー率」で楽天モバイルにマウント? しかしネットの反応は微妙のページです。オトナライフは、【iPhone&Android5Gソフトバンク楽天モバイル】の最新ニュースをいち早くお届けします。