日本のAmazonプライムも値上げなら、小売りはヨドバシへ流出?

アメリカのAmazonで、サブスクリプションサービス「Amazonプライム」の値上げが発表された。その金額は年額139ドル、日本円にしておよそ16,000円だ。日本では年間プランが4,900円(税込)で提供されているが、その3倍以上ということになる。それぞれの国で物価が違うこともあり日本で即座にこの金額になることはないだろうが、いつ値上げの波が襲ってきてもおかしくない状況だ。

今回はアマプラの値上げや、それに対する日本のユーザーの反応についてお伝えしていきたい。

Amazon、アメリカでAmazonプライムの値上げを発表

(Image:Frederic Legrand - COMEO / Shutterstock.com)

大小さまざまな商品を購入できるAmazon

アメリカのAmazonは現地時間2月3日、2021年第4四半期の業績発表の中で「18日以降からAmazonプライムの会費を値上げする」ことを発表した。月額プランではこれまでの12.99ドルから14.99ドルに、年間プランは119ドルから139ドルへと変更されるといい、これまでより年間で17%弱の値上げとなった。

アマプラはアメリカ国内で2014年に79ドル→99ドル、2018年に99ドル→119ドルと値上げを続けている。3回目の今回を含めて4年ごとに20ドルずつ値上げしており、当初の79ドルから見ると60ドルの値上げ、日本円にするとおよそ9,100円→16,000円と7,000円近く値上がっているのだ。日本で同じことをされたらたまったものではない。

日本のAmazonでは2019年に3,900円から4,900円へと値上げをしていたが、アメリカのプラン額・値上げ額と比べるとだいぶ緩やかな値上げであることがわかる。はたして今後日本も値上げの波に飲まれることになるのだろうか…。

日本のAmazonプライムも値上げなら、小売りはヨドバシへ流出?のページです。オトナライフは、【ヘルス・ライフAmazonAmazonプライムヨドバシエクストリームヨドバシカメラ】の最新ニュースをいち早くお届けします。