「楽天ペイ」が店舗スタッフが最も導入してほしい決済サービス1位に。その理由とは?

キャッシュレス決済サービスの利用者が増え続けている。その理由の一つは「利用できる店舗数が増えていること」だろう。ただ、近年はサービスが乱立しており、どのサービスを利用するか、ということが利用者の悩みの種にもなっている。

では、「どのサービスがお得なのか…」という視点ではなく、店舗スタッフ側から見た調査結果を見てみたい。日本マーケティングリサーチ機構が実施した、店舗スタッフを対象とした決済サービスに関する調査。「店舗スタッフが最も導入してほしい決済サービス」「店舗スタッフが最もサポートが充実していると思う決済サービス」「店舗スタッフが最も安心感のある決済サービス」で楽天ペイが1位になったという。珍しい視点のランキング。楽天ペイが1位になった理由とは?

そもそも、なぜ店舗で決済サービスを取り入れるのか?

(Image:Ned Snowman / Shutterstock.com)

1位は積極的な攻勢をしているイメージのある「PayPay」ではなかった!

店舗側がキャッシュレス決済サービスを導入するメリットから考えていこう。

■顧客の取り込み

キャッシュレス決済サービスを利用したいユーザーからすると、サービスの有無が、利用するかしないかの選択基準の一つにもなっている。「ポイントを貯めたい」「現金よりも楽」など理由は様々だが、利用したいサービスのあるお店に行く、というユーザーが来店することは、新規顧客の獲得にもつながる。

■レジ作業の簡素化&混雑緩和

現金決済とキャッシュレス決済利用では、お金を出したり数えたりする手間が大きく違う。レジ時間が短縮されれば、店舗スタッフの稼働量も下げられ人件費の減少にもなる。また、混雑が緩和することで、来店客側にとっても会計待ちで並ぶ時間が減る。双方にとってメリットばかりだ。

■現金管理の手間を削減

現金決済だと、お釣りの準備や、レジ締め後の売上と残り現金の確認など、手間がかかる。キャッシュレス決済になれば、電子化されて対応時間も短縮でき、現金の出入りが減ることで、お釣りの渡し間違えなどのリスクも減る。

■店舗に置く現金の削減

現金を店舗に保管することは、盗難などのリスクにつながる。これはもしも、という話だが、盗難時の被害額も、保管されている現金が減れば、自動的に減る。これも実はメリットだ。

「楽天ペイ」が店舗スタッフが最も導入してほしい決済サービス1位に。その理由とは?のページです。オトナライフは、【マネーQRコード決済楽天楽天ペイ】の最新ニュースをいち早くお届けします。