「テレワークあるある」会社には言えない過ごし方をしたことがある人は6割以上、最も多い過ごし方は?

“テレワーク元年”とも言える2020年から2年が経ち、この新しい働き方に慣れてきた人も多いのではないだろうか。通勤時間がかからなくなったり、家族と過ごす時間が増えたりといったメリットがある一方で、ついつい気が緩み作業効率が落ちてしまう、なんてデメリットもあるテレワーク。あなたはテレワーク中に会社には言えない過ごし方をしたことはあるだろうか。

今回ここでは、テレワーク中の過ごし方に関するあるアンケート結果を紹介する。果たして、どんな過ごし方をしてしまう人が多いのだろうか。

6割以上の人が会社には言えない過ごし方をしていると判明!

誘惑の多い自宅は労働環境が悪いのか?(「チャットプラス株式会社」調べ)

チャットプラス株式会社は現在テレワークをしている男女1,160人を対象にテレワーク中の過ごし方に関するアンケートを実施、その結果を発表した。その調査によると、「テレワークでの勤務中、会社には言えないような過ごし方をしたことがありますか?」という問いに対し、64.5%の人があると答えた。では、具体的にはどのような過ごし方をしている人が多いのだろうか。

全体の54.4%の人が答えた最も多かった過ごし方は「音楽や動画などを流している」だった。次いで「テレビをつけている」が52.9%、「ネットサーフィンをしている」が47.1%、「実働時間も休憩している」が41.6%、「途中で外出している」が29.1%という結果だった。やはりただでさえ誘惑の多い自宅での勤務、周囲の目もなければついつい気が緩んでサボってしまう人は多いようだ。音楽や動画、テレビを流しながら、リラックスモードで仕事が捗るのなら良いのだが、そうとは言えないのが現状だろう。

ただ「途中で外出している」人は3割にも満たないし、「飲酒している」と言う人も7.0%と決して多くはないようだ。テレワークでの勤務であっても、意外と真面目にやっている人が多いような印象も受ける。あきらかなサボりというよりも、いつでも業務に戻れるようにしつつも、ついつい息抜き時間が長くなってしまうという人が多いのかもしれない。

「テレワークあるある」会社には言えない過ごし方をしたことがある人は6割以上、最も多い過ごし方は?のページです。オトナライフは、【ヘルス・ライフテレワーク】の最新ニュースをいち早くお届けします。