会社員のランチ調査でわかった悲しすぎる昼食代、一体いくら!?

いよいよランチ代の平均金額を発表!

ランチに1,000円以上かける人は少数派だった(「Spicomi」調べ)

職場付近の飲食店の価格帯や、社員食堂の有無はサラリーマンたちのランチの価格に大きく影響を及ぼすだろう。また、そもそもランチを楽しみの時間としている人と、お腹が満たされればそれでよしとする人など、考え方によってもかける金額は違ってくる。さらには、年収によってランチの金額を抑えざるを得ない場合もあるかもしれない。

そんなサラリーマンたちがランチにかける平均金額は、一体どれくらいなのかというと、全体平均は575.8円だった。男女で比較してみると、男性では561.8円、女性では584.1円が平均。筆者の印象としては「その金額で済ませられるのか!?」という疑問と同時に、もの悲しい気持ちになってしまった。首都圏で外食ランチしようものなら、軽く1,200円くらいはかかるかなというところ、多くの人はその半額くらいでランチを済ませるというのだ。実際、東京都内に在住者や、年収1,000万円以上で比較的ゆとりがあると思われる人はランチ代が高い傾向にあった。しかし、ランチ代の平均金額の割合で見ると、「300~500円」が30.7%と最も多く、ボリュームゾーン。そして「500~700円」29.9%、「700~900円」18.1%、「300円未満」12.4%と続く。

20代から60代の各年代別平均ランチ代(「Spicomi」調べ)

コンビニ弁当でも300円未満のものとなるとさすがに数少ない上に満足感のいくボリュームではないので、いかに多くのサラリーマンが自宅から持参するなどしてコツコツとランチ代を抑えているのかが分かった。何とも苦い現実を見ることになった今回の調査結果であった。

出典元:ランチ代平均金額と高いのはいくら?昼食代500円は高い?【Spicomi
●株式会社UOCCホームページは→こちら

※サムネイル画像は(「写真AC」より引用)

オトナライフ編集部
 iPhone・Android・SNS・パソコン関連・キャッシュレス、QRコード決済など、さまざまな情報を独自の視点や切り口で発信するニュースサイト
Twitter:@otonalife

生活をもっと楽しく刺激的にする[オトナライフ]

オトナライフ編集部
iPhone・Android・SNS・パソコン関連・キャッシュレス、QRコード決済など、さまざまな情報を独自の視点や切り口で発信するニュースサイト
Twitter:@otonalife

生活をもっと楽しく刺激的にする[オトナライフ]

会社員のランチ調査でわかった悲しすぎる昼食代、一体いくら!?のページです。オトナライフは、【ヘルス・ライフランチ会社員】の最新ニュースをいち早くお届けします。