現役医師800名がオススメする花粉症の薬ランキング、3位クラリチンEX、2位アレジオン20を上回る1位は?

都心部でも雪が降るなど、まだまだ寒い日が続く今年の冬だが、すでに到来している花粉のシーズン。さっそく2月上旬からはスギ花粉が飛散しており、すでに鼻水や目のかゆみなどの症状を感じている人も多いのではないだろうか。花粉が飛散するピークは一般的に2月~4月と思われているが、実は、量も種類も多いのが5月なのだ。

これからしばらく続く花粉のシーズンに向けて、今回は現役医師たちが勧める対策法を紹介していくことにしよう。

基本的なことを、日々コツコツと!

ピークを過ぎても、1年中さまざまな植物の花粉が飛散するので対策を続けよう(「株式会社医師のとも」調べ)

株式会社医師のともは2021年12月10日~19日、全国の20代~80代の医師842名に対して「花粉症について」のアンケート調査を行った。さっそくその調査結果を見ていくことにしよう。

「おすすめする(または実際に取り組んでいる)花粉症対策を教えてください」という質問に対して、最も多かった回答は「マスク」の着用で20.2%だった。そして「うがい」12.7%、「メガネ」12.4%、「点鼻薬・点眼薬」12.3%、「手洗い」10.6%と続き、現役医師の人々であっても、花粉対策のためにすごく特別なことをしているわけではないようだ。

そして、コロナ対策として日頃から行なっているマスクや手洗い・うがいなど、基本的なことをきっちり行うことが花粉に対して効果的であることが分かった。

現役医師800名がオススメする花粉症の薬ランキング、3位クラリチンEX、2位アレジオン20を上回る1位は?のページです。オトナライフは、【ヘルス・ライフ花粉症】の最新ニュースをいち早くお届けします。