おじさん達には理解できない? 友達作りは「SNS」が当たり前のミレニアル世代

ミレニアル世代の友達作りに関する調査の中で、1位の「職場」に次いで、2位が「SNS」となった。社会人が1日の大半をすごす職場はなるほど納得だが、SNSが2トップになるとは10年前は考えられなかっただろう。共通の話題で盛り上がり、価値観が似た人がつながれるSNS上の「友達」。実感のある人は多いのかも?

社会人の34.6%が「友人ができない」

いろいろ気を遣う社会人、孤独を感じている人は多いのかも(提供:「GRAVITY」調べ)

SNSサービス「GRAVITY(グラビティ)」を提供するHiClub株式会社が、「ミレニアル世代の友達作り」について調査を行なった。

まず「社会人になってからできた『仲の良い友達』はいますか?」という質問には、65.4%が「いる」、34.6%が「いない」と回答。また「社会人になってからできた友達とどこで出会いましたか?」という質問では「職場」が60%、「SNS」が40.1%と突出して多く、続いて「イベント」12.0%、「行きつけのお店」8.7%、「自分の子どもを通じて」4.9%などが続いた。

(提供:「GRAVITY」調べ)

SNSを使った友達作りというと若い世代に限ったイメージがあるが、今回のアンケートは20歳~39歳が対象だ。“おじさん”の年齢に片足を突っ込んだ30代も例外ではないことが分かる。デジタルネイティブではなくても、学生時代からmixi(ミクシィ)などのSNSに慣れ親しんできたため抵抗感も少ないことが考えられる。

おじさん達には理解できない? 友達作りは「SNS」が当たり前のミレニアル世代のページです。オトナライフは、【ヘルス・ライフSNSおじさん】の最新ニュースをいち早くお届けします。