NHK受信料不要のテレビがドンキを上回る解像度でSTAYERからも発売、「受信料を支払う必要がありません」とも明記

最近巷を賑わせているNHKの受信料問題。つい先日もテレビがあるのに正当な理由なく受信料を支払わない世帯からは割増金を徴収するという法改正に、多くのユーザーから不満が噴出している。そんな昨今の潮流に合わせてドンキが2021年に「AndroidTV 機能搭載チューナーレス スマートテレビ」を発売したが、2022年にはSTAYERが「4K対応 チューナーレス スマートテレビ」を発表し、ふたたび話題になっている。

ドンキ製品の倍の解像度!“受信料不要”の「STAYER 4K対応チューナーレステレビ」

今後注目度が上がりそうなチューナーレステレビ(画像は「STAYER」公式サイトより引用)

「チューナーレスのスマートテレビ」と言えば、ドンキが2021年12月に発売した「AndroidTV 機能搭載チューナーレス スマートテレビ」(24型、42型)が記憶に新しい。しかし2022年2月に今度はスマホ・オーディオの周辺機器ブランドであるSTAYERが「4K対応 43V型チューナーレス スマートテレビ」を発表し、さらなる注目を集めている状況だ。

ドンキとSTAYERの両社の製品の比較ポイントは「画面解像度」だ。先行して発売を果たしたドンキのスマートテレビが1,920×1,080ドットであるのに対して、STAYERの製品は3,840×2,160ドットと、実に4倍の解像度を有している。高画質4K対応モデルということで、動画配信サービスで映画作品などを見る際にもより鮮明な映像で楽しむことが可能だ。近年はおうち時間の増加によって動画配信サービスを利用者も増えており、そうしたユーザーからの注目度も高そうだ。

NHK受信料不要のテレビがドンキを上回る解像度でSTAYERからも発売、「受信料を支払う必要がありません」とも明記のページです。オトナライフは、【ヘルス・ライフAndroid TVNHKNHK受信料チューナーレスドン・キホーテ】の最新ニュースをいち早くお届けします。