マッチングアプリ等にいる「ロマンス詐欺師」の特徴とは? ノートンが明らかに

インターネット上での出会いや、出会いを装う詐欺「ロマンス詐欺」の実態について、セキュリティブランド「ノートン」を提供するノートンライフロックが、日本国内の18歳以上を対象にオンライン調査を実施。日本人の約4人に1人が利用経験のあるマッチングアプリで広がる「ロマンス詐欺」の詐欺師がとるステップが明らかになった。

ロマンス詐欺の多いアメリカでは、2020年のロマンス詐欺の被害報告件数が約3万件、被害額は3億400万ドル(日本円で約374億円!)にものぼることが明らかになっている。日本においても2020年には相談件数が前年と比べて2.3倍に増えるほど横行しているという。
今回は、そんなロマンス詐欺の実態と特徴についてお伝えしていきたい。

マッチングアプリでプロフィールを偽る人も多く、約5人に1人がマッチングを解除

約4人に1人(23%)が、マッチング後に相手のことを調べた経験があると回答。これからはもっと必要なのかも

ロマンス詐欺が増えている要因には、新型コロナウイルス感染症の感染拡大があるという。アメリカの連邦取引委員会(FTC)は、「コロナ禍で人と会う機会が減り、オンライン上でのコミュニケーションが増えたこと」を要因に挙げている。コロナ禍の「人と会いづらい」状況が、詐欺師にとって「会わない口実」を作りやすくなっているようだ。

実はここにロマンス詐欺のポイントがあり、何らかの理由でコミュニケーションが始まり、何かしらの理由で「金銭が必要」との連絡が入る。ただし、会わない口実とともに。その後、金銭を振り込んだら連絡がつかなくなる…。これがロマンス詐欺の大まかな流れ。とくに近年はマッチングアプリを利用したロマンス詐欺が増加しているという。

ノートンライフロックが実施したオンライン調査の結果をまとめた「ノートン サイバーセーフティ インサイト レポート2022(オンラインでの出会い篇)」によれば、マッチングアプリを利用したことがある人のうちの23%、およそ4人に1人がマッチング後に相手のことを調べた経験があり、19%(約5人に1人)は相手について調べて得た情報がきっかけで、マッチング解除やデートを断った経験があるという。

その理由としては、相手が「自分の情報(年齢、身長、所在地など)について嘘をついていることを知った(10%)」、「SNS上で不快な投稿をしていた(5%)」等が上位となった。

マッチングアプリ等にいる「ロマンス詐欺師」の特徴とは? ノートンが明らかにのページです。オトナライフは、【ヘルス・ライフマッチングアプリロマンス詐欺】の最新ニュースをいち早くお届けします。