【メルカリ】出品した靴の梱包方法と発送方法 – 箱あり・箱なしの送料の違いは?

メルカリで靴を送るときは、できるだけ安全に送って購入者からの評価を高めたいですよね。そのためには、靴の梱包方法や発送方法に注意が必要です。とくに靴の「元箱」の有無で梱包方法が変わり、発送方法によって送料にも差が出ます。

本記事では、メルカリで靴を出品するときの梱包方法や発送方法について、元箱の有無による違いもあわせて詳しく解説します。

メルカリで靴を出品した場合、梱包はどうすればいい?

メルカリで出品した靴が売れた場合、出品者は靴を丁寧に梱包して発送する必要があります。その際に、靴の元箱があるかないかで梱包方法が大きく変わることがポイントです。本章では、下記3つの観点からメルカリで売れた靴の梱包方法を解説します。

・靴の梱包に必要な資材
・【靴の梱包方法】箱ありの場合
・【靴の梱包方法】箱なしの場合

靴の梱包に必要な資材

メルカリで売れた靴を梱包するためには、下記6つのアイテムが必要です。靴を安全に購入者の元へ送り届けるために必要なものなので、梱包開始前に必ず揃えておいてください。

・梱包材(エアキャップやプチプチ)
・新聞紙やチラシなどの紙類
・透明なビニール袋やシート
・紙袋もしくは段ボール
・ガムテープ
・ハサミやカッター

靴の梱包に必要な資材

とくに重要なのはエアキャップやプチプチなどの梱包材。靴を包んで保護するために必要です。新聞紙やチラシなどは、隙間に詰めることで緩衝材として役立ちます。梱包に封をして安定させるために、ガムテープやハサミも欠かせません

【靴の梱包方法】箱ありの場合

靴の「元箱」がある場合は、その箱に靴を詰めて送ることができるので、新たに段ボールを用意する必要はありません。元箱を活用して靴を梱包する手順は下記のとおりです。

1. 靴のなかに新聞紙やチラシを詰める
2. 靴を元箱に入れてガムテープで閉じる
3. 元箱をプチプチやエアキャップで包む

【靴の梱包方法】箱ありの場合

靴の元箱をプチプチやエアキャップで包んだあとは、紙袋に入れてガムテープでしっかり封をしましょう。ここまで丁寧に梱包しておけば、靴の型崩れやダメージを防げるので安心です

【靴の梱包方法】箱なしの場合

靴の元箱がない場合は、靴を安全に送るために段ボールや紙袋を用意する必要があります。段ボールや紙袋を使って、メルカリで送る靴を梱包する手順は下記のとおりです。

1. 靴のなかに新聞紙やチラシを詰める
2. 靴をエアキャップやプチプチで包む
3. 靴を段ボールや紙袋に入れる

【靴の梱包方法】箱なしの場合

靴を段ボールや紙袋に入れたあとは、空いた隙間に新聞紙やチラシを詰め込んでから、ガムテープで段ボールや紙袋の封を閉じましょう。ここまでやっておくと、靴の元箱がない場合でも安全に靴を送れます

メルカリで出品した靴の梱包のポイント

メルカリで出品した靴を梱包するときは、靴の型崩れや防水処理にとくに注意するようにしましょう。靴が型崩れすると、イメージと違うので購入者からの印象が悪くなります。また、梱包がしっかりしていても、隙間から水分が入ると靴がダメージを受けてしまいます。

靴の型崩れは、靴のなかに新聞紙やチラシを入れることや、隙間に緩衝材をしっかり詰めることで防げます。エアキャップやプチプチで靴や元箱を包むようにすると、雨が降っているときでも安全に靴を送ることが可能です。

メルカリの購入者から高い評価を受けるためにも、細かい部分に気を配って万全な状態で靴を送るようにしましょう。

メルカリで出品した靴の発送方法と送料の目安

メルカリで出品した靴を送るときは、できるだけ安全で送料も安い方法を選びたいですよね。本章では、メルカリで靴を送るときのおすすめの発送方法と送料の目安について、下記3つのパターンに分けて解説します。

・らくらくメルカリ便で靴を送る場合
・ゆうゆうメルカリ便で靴を送る場合
・定形外郵便でより安く発送できる場合もある

らくらくメルカリ便で靴を送る場合

比較的サイズの小さな靴を送る場合は、「らくらくメルカリ便」の「宅急便コンパクト」がおすすめです。

宅急便コンパクトは、専用BOXで梱包して靴を送れるサービスです。送料は全国一律380円(税込)で、専用BOXの価格を含めても450円(税込)となります。コストを抑えて安全に靴を送れるので、まず検討したい発送方法です。

ただし、らくらくメルカリ便はサイズが小さいため、靴が大きい場合は使えないことに注意が必要です。

ゆうゆうメルカリ便で靴を送る場合

らくらくメルカリ便が使えないサイズの靴を送る場合は、「ゆうゆうメルカリ便」がおすすめです。送料は少し高くなりますが、大きな靴も安全に送れます。

ゆうゆうメルカリ便の送料は、サイズによって異なりますが全国一律です。60cmサイズが700円(税込)、80cmサイズが800円(税込)、100cmサイズが1,000円(税込)となっています。らくらくメルカリ便が使えない場合の第一候補となるでしょう。

定形外郵便でより安く発送できる場合もある

靴の元箱がない場合や、購入者が配送時のダメージをあまり気にしない場合は、「定形外郵便」の利用も検討してみると良いでしょう。

定形外郵便は普通郵便の一種で、「規格外」では比較的大きなものも安く遅れます。定形外郵便(規格外)の送料は重量によって変動し、250~500gが350円(税込)、500g~1kgが510円(税込)、1~2kgが710円(税込)となります。全国一律で安く送れるため、配送コストを抑えたい場合に便利です。

ただし、定形外郵便はあくまで「普通郵便」という扱いなので、追跡や補償などのサービスはいっさいありません。そのため、購入者が状態を気にする場合や、ブランド品の靴が売れた場合は避けましょう。購入者からの評価を重視するのであれば、やはりらくらくメルカリ便・ゆうゆうメルカリ便がおすすめです。

まとめ

メルカリで売れた靴を発送するときは、安全に送るために梱包方法に注意することが大切です。靴の元箱がある場合は元箱に入れて梱包材で包み、元箱がない場合は靴を梱包材で包んで段ボールや紙袋に入れて送りましょう。発送方法はサイズが小さい場合は「らくらくメルカリ便」、大きな靴の場合は「ゆうゆうメルカリ便」を選ぶのがおすすめです。

オトナライフ編集部
iPhone・Android・SNS・パソコン関連・キャッシュレス、QRコード決済など、さまざまな情報を独自の視点や切り口で発信するニュースサイト
Twitter:@otonalife

生活をもっと楽しく刺激的にする[オトナライフ]

【メルカリ】出品した靴の梱包方法と発送方法 – 箱あり・箱なしの送料の違いは?のページです。オトナライフは、【ヘルス・ライフメルカリメルカリの使い方ゆうゆうメルカリ便らくらくメルカリ便】の最新ニュースをいち早くお届けします。