【Twitter】ツイートを古い順に見る方法 – 過去の投稿の効率的な検索方法まとめ

Twitterでは、自分や他人が投稿したツイートの一覧を見ることができます。しかし、アカウント作成初期の古いツイートを見たいときや、古い順にツイートを確認したいときもあるでしょう。

【Twitter】ツイートを古い順に見る方法 - 過去の投稿の効率的な検索方法まとめ

「ツイート」タブには800件のツイートが、「ツイートと返信」には3,200件のツイートと返信が新しい順に表示されます。しかし、ツイートを古い順に表示する機能はありません

つまり、通常の方法では最大3,200件のツイートしか遡れないということです。これ以上遡って古いツイートを見るにはどうすればいいのでしょうか。本記事では、Twitterの古いツイートを見る方法や、古い順にツイートを見る手順について解説します。

ツイートを古い順に見る方法

Twitterのツイートを古い順に見たいときに有効な、下記3つの方法を本章で解説します。

●高度な検索や検索コマンドを利用して古いツイートを見る
●フリカエッターを利用して古いツイートを見る
●Twilogを利用して古いツイートを見る

高度な検索/検索コマンドを利用して古いツイートを見る

Twitter内で利用できる「高度な検索」や「検索コマンド」を活用すると、古いツイートを遡って見ることができます。ただし、高度な検索はブラウザ版のTwitterしか使えないので注意してください。高度な検索で古いツイートを見る手順は下記のとおりです。

高度な検索/検索コマンドを利用して古いツイートを見る1

【1】古いツイートを見たいアカウントにアクセスし、「○年○月からTwitterを利用しています」と表示されている部分を確認します。これは後ほどツイートを検索する際に必要な情報です

高度な検索/検索コマンドを利用して古いツイートを見る2

【2】①「高度な検索」にアクセスして、検索したいアカウント名を入力します。②「返信」が含まれていると検索しづらいので、「フィルター」の「返信」をオフにします。③画面を下にスクロールして、「日付」の「次の日付以降」に先ほど確認したアカウント作成時期を設定します。④「次の日付以前」には、半年ほど先の日付を設定しておきましょう

高度な検索/検索コマンドを利用して古いツイートを見る3

【3】設定完了後に検索すると、対象アカウントの古いツイートが表示されます。また、検索ウインドウには「検索コマンド」が表示され、これを使えばスマホでも古いツイートを検索可能です

高度な検索/検索コマンドを利用して古いツイートを見る4

【4】スマホアプリ版のTwitterの検索で「(from:TwitterJP) until:2008-2-01 since:2007-07-01 -filter:links -filter:replies」と入力したところ、ブラウザ版の高度な検索と同じ結果が表示されました。なお、「from」には検索したいアカウント名、「until」は検索開始日、「since」には検索終了日を設定します

なお、開設日と最初のツイートまでにタイムラグがあるTwitterアカウントも多いです。一番古いツイートを検索したい場合でも、開設日を設定した「since」に対して、6~8か月ほど先の日付を「until」に指定することをおすすめします。

フリカエッターを利用して古いツイートを見る

「フリカエッター」というアプリを使用して、過去のツイートを見ることもできます。ただし、フリカエッターは外部アプリなので、Twitterとの連携と認証が必要になります。フリカエッターで古いツイートを見る手順は下記のとおりです。

フリカエッターを利用して古いツイートを見る1

【1】①「フリカエッター」にアクセスして、「Twitter IDでログイン」をタップします。②Twitterアカウントに登録しているメールアドレスとパスワードを入力してください。③「ログイン」をタップします

フリカエッターを利用して古いツイートを見る2

【2】過去のツイートを検索したいアカウント名を入力して、「ふりかえる」をタップすると、過去のツイートの一覧が表示されます

ただし、フリカエッターで遡れるツイートは最大3,200件です。それよりも古いツイートは検索できないので注意してください。3,200件以上前のツイートへと遡りたい場合は、先ほどの高度な検索を利用しましょう。

Twilogを利用して古いツイートを見る

自身の古いツイートを遡りたいときは、「Twilog」を使用するのがおすすめです。ただし、Twilogは登録済みのTwitterアカウントしか使えないので、まずはTwilogに登録してからTwitterと連携させる必要があります。Twilogで自身の古いツイートを見る手順は下記のとおりです。

Twilogを利用して古いツイートを見る1

【1】①「Twilog」にアクセスして、「新規登録」をタップしましょう。②画面をスクロールして「Sign in with Twitter」をタップします

Twilogを利用して古いツイートを見る2

【2】①Twitterとの連携の認証画面が表示されるため、「連携アプリを認証」をタップします。②TwilogアカウントのURLが表示されるのでタップしてください

Twilogを利用して古いツイートを見る3

【3】①画面右上の「≡」をタップします。②「管理」を選択してください

Twilogを利用して古いツイートを見る4

【4】①画面を下にスクロールして「取得開始」をタップします。ホーム画面に戻り、「ツイートの並び順」を「古→新」に変更すると、自身のアカウントのツイートを古い順に確認できます

Twilogでは他人の古いツイートを検索することも可能ですが、Twilogに登録していないアカウントには使えません。また、Twilogでも取得できるツイートは最大3,200件なので、それよりも古いツイートは検索できないことに注意が必要です。

自分の古いツイートはまとめてダウンロードすることも可能

フリカエッターやTwilogでは、最大でも3,200件しかツイートを遡れませんでした。そこで、自身のこれまでのツイートをすべて遡りたい場合は、Twitter上で「アーカイブ」の形式でまとめてダウンロードすることをおすすめします。

Twitterで自身のツイートのログを取得する手順は下記のとおりです。なお、アプリ版・ブラウザ版いずれも同じ手順で取得できます。

自分の古いツイートはまとめてダウンロードすることも可能1

【1】①Twitterのメニューで「設定とプライバシー」をタップします。②「アカウント」を選択してください

自分の古いツイートはまとめてダウンロードすることも可能2

【2】①「データのアーカイブをダウンロード」をタップします。②「アーカイブをリクエスト」をタップすると、アーカイブを取得するための準備が始まります。準備が整うとダウンロードが届きます

ただし、Twitterのアーカイブはすぐに取得できません。一般的にはリクエストの翌日に、メールやSMSでダウンロードリンクが送信されるようです。ダウンロードリンクをクリックすると、すべてのツイートを「zipファイル」で取得できます。

まとめ

Twitterで自身の古いツイートを遡りたい場合は、Twitterでアーカイブをダウンロードするのがおすすめです。他人のツイートを検索したい場合は、Twitterの「高度な検索」や「検索コマンド」を活用すると、3,200件以上古いツイートでも見ることができるので便利です。

※サムネイル画像(Image:Diego Thomazini / Shutterstock.com

オトナライフ編集部
iPhone・Android・SNS・パソコン関連・キャッシュレス、QRコード決済など、さまざまな情報を独自の視点や切り口で発信するニュースサイト
Twitter:@otonalife

生活をもっと楽しく刺激的にする[オトナライフ]

【Twitter】ツイートを古い順に見る方法 – 過去の投稿の効率的な検索方法まとめのページです。オトナライフは、【SNSTwitterTwitterの使い方ツイートフリカエッター】の最新ニュースをいち早くお届けします。