ネットバンキング利用者の51.6%が「楽天銀行」という調査結果が、選ばれる理由とは? PayPayユーザーも気になる

スマホなどから残高照会や振り込みができるインターネットバンキング。今や利用したことがない人の方が少ないほどだ。マイボイスコム株式会社は2月17日、23回目となる「インターネットバンキングの利用」に関する調査の結果を発表した。それによると現在、最もインターネットバンキングが利用されているのは「楽天銀行」でその利用率は約50%だそうだ。なぜそんなに楽天銀行が利用されるのか。利用者の声などをまとめて紹介しよう。

インターネットバンキングで何してる?利用者がよく使うサービスは

今やスマホがATM代わり

マイボイスコム株式会社が2022年1月1日~1月5日に10,000人から回答を得た調査の結果によれば、インターネットバンキング現在利用者は全体の66.2%で、2018年以降微増傾向が続いている。

よく利用されているサービスは「口座情報の照会・明細の確認」が85.0%、「振り込み・送金」が78.4%。これらのサービスはATMに行ってもすぐに完了できるが、行かなくて済むものならぜひインターネット上で利用したいものだろう。

次に多かったのが「ネットショッピングなどの決済」で38.9%。家や外出先でスマホなどから手軽にモノが買える時代、今後も需要は伸びるに違いない。特にキャッシュレスやネットショッピングに特化した企業系の「楽天銀行」「PayPay銀行」では他の銀行を利用している回答者よりも多かった。また「新生銀行」「住信SBIネット銀行」では「振り込み・送金」の利用割合が高かったのも、それぞれの口座開設の目的ごとの利用者層をうまく取り込んでいる証拠と言えるだろう。

PayPayユーザーも選ぶ楽天銀行のメリットとは

2022年1月には1,200万口座を達成した楽天銀行、選ばれるには理由がある(画像は「楽天銀行」公式サイトより引用)

最もインターネットバンキングで利用されている銀行(複数回答)の第1位は「楽天銀行」の51.6%、その後に「ゆうちょ銀行」「住信SBIネット銀行」「三菱UFJ銀行」が20%台、「三井住友銀行」「PayPay銀行」が20%弱で続く結果となり、楽天銀行が圧倒的な支持率を誇ることが明らかとなった。

その理由として回答者のコメントからは「ネットショッピングの支払いに便利だから。振込手数料が安いのも良い」「楽天カードを使用してるのでポイントのために利用している」「利用するたびにメールで知らせてくれるので安心感がある」といった声が寄せられた。

やはり経営母体がネットショッピングの最大手の楽天グループであり、楽天市場やクレジットカードとのポイント連携機能などの他にはないサービスが人気のようだ。筆者自身もいわゆる「楽天経済圏」にどっぷり浸かった生活をしており、給与振り込みを設定して、そこからネットショッピング、カードの引き落とし……と利用に楽天ポイントがどんどん貯まるシステムの魅力にはまってしまっている。

また振込手数料の安さは魅力的で、楽天銀行の口座間の手数料は回数無制限で無料。他の銀行にも「会員ステージ」によっては最大月3回まで無料、無料回数を超えても一律145円と業界最安値クラスである。電子マネー大手「PayPay」は楽天銀行からのチャージはできないが、メインバンクは楽天銀行にしているというPayPayユーザーも筆者の周りにいるほどである。

銀行も買い物もすべてネット上で完結できる世の中へと急速に進歩した流れに乗り、実店舗を持たない楽天銀行がどんどん存在感を増しているのは、今後も注目していきたいところだ。

出典元:インターネットバンキングの利用に関するアンケート調査(第23回)【マイボイスコム

※サムネイル画像(Image:slyellow / Shutterstock.com

オトナライフ編集部
iPhone・Android・SNS・パソコン関連・キャッシュレス、QRコード決済など、さまざまな情報を独自の視点や切り口で発信するニュースサイト
X/Twitter:@otonalife

iPhone/Androidスマホやキャッシュレス決済、SNS、アプリに関する情報サイト[オトナライフ]

関連記事

ネットバンキング利用者の51.6%が「楽天銀行」という調査結果が、選ばれる理由とは? PayPayユーザーも気になるのページです。オトナライフは、【マネー楽天楽天銀行楽天経済圏PayPay銀行】の最新ニュースをいち早くお届けします。