ウマ娘、人気の凄さはやっぱり規格外! “ガチ”で分析したデータから見えるバテる気配を見せないユーザー数

間もなくサービス開始から1周年を迎える「ウマ娘 プリティーダービー」。リリース直後から高い人気を誇り、年末には「ネット流行語100」の年間大賞も受賞するほどのブームを巻き起こした。そんなウマ娘の人気ぶりを“ガチ”で分析したゲームエイジ総研のデータが現在注目を集めている。

今回は、その分析データから見えてくる、ウマ娘の人気の凄さについてお伝えしていきたい。

ウマ娘、サイレンススズカ級の“バテない”ユーザー数推移をみせる

ピークを過ぎた5月以降も減少スピードが緩やかなのも特徴的だ(「株式会社ゲームエイジ総研」調べ)

ゲームビジネスに特化したマーケティングリサーチ&コンサルティングファームのゲームエイジ総研は2月17日、「まもなくリリースから1周年を迎えるウマ娘。丁寧にキャラクターの個性を表現し続けファンを魅了」と題したプレスリリースを発表。同社の運用するマーケティングデータサービス「iGage(アイゲージ)」のデータを用いた、ウマ娘のサービス開始以降のユーザー数やユーザーの属性を公開した。

同社によれば、一般的なモバイルゲームではリリースから2週間ほどでアクティブユーザー数が最大となり、その後は3ヶ月ほど下降を続けたのち、ユーザー数が安定すると解説した。初期にトップスピードになるものの、その後バテてしまう典型的な「逃げ」タイプの競走馬と同じ動向なのだ。

一方でウマ娘のアクティブユーザー数のグラフでは、なんと2ヶ月以上増加を続けている。ウマ娘のキャラクターのモデルにもなっているサイレンススズカもかくやというほど、「逃げ」ているにも関わらずバテる気配を見せないのだ。さらに驚くのは、年末から年始にかけてユーザー数が再上昇しピーク時に迫る数字を記録していることだ。競馬で逃げ馬が最後の直線に入ってさらに加速する「二の足」を使っているとも言える。このユーザー数のグラフにも、ウマ娘の人気の規格外ぶりが明確に表れているのだ。

ウマ娘、人気の凄さはやっぱり規格外! “ガチ”で分析したデータから見えるバテる気配を見せないユーザー数のページです。オトナライフは、【ヘルス・ライフウマ娘】の最新ニュースをいち早くお届けします。