モスバーガーのアラフィフ人気キャラ「モッさん」引退を惜しむ声多数、後任「リルモス」の責任は重大だ

2009年にアラフォーの星として登場したモスバーガーのキャラクター「モッさん」。同社が今年50周年を迎えるにあたり、一緒に50歳のバースデーを祝う……のかと思いきや、なんと4月以降は新キャラに変更というニュースが飛び込んできた。旅行とコスプレが趣味のモッさんは、47都道府県のイメージに合わせてコスプレした「ご当地図鑑」が出るほどの人気ぶり。公開された新キャラの評判も併せてご紹介していきたい。

モスバーガーのキャラクター「モッさん」ついに引退

2007年頃から始まった「ゆるキャラ」ブームの波に乗り、アラフィフ名物キャラクター「モッさん」の人気は、玩具からコスプレ図鑑まで幅広い(画像は「株式会社モスフードサービス」公式サイトより引用)

モスバーガーを展開する株式会社モスフードサービスの発表によると、2009年に37歳でモスバーガーのキャラクターにデビューしたモッさんは3月末で引退し、2022年4月1日からは新たなキャラクターがその座を引き継ぐことが分かった。「1972年、板橋区生まれ」と、モスバーガー1号店と同じプロフィールを持つモッさん。今年50周年を迎える同社と共に、50歳の誕生日を祝うのかと思いきや、50周年記念サイトやロゴマークには新たなキャラクターが使われるという。

モスバーガーで購入した際にもらえるキッズ用玩具から、47都道府県のコスプレをした図鑑やシールまで、10年以上多くのファンに愛されてきたモッさん。創業から1987年まで使用されていた「モス坊や」のイメージを受けていると同社が発表した新キャラは、モッさんのように愛されるキャラクターに育っていくだろうか?

創業当時の「愛らしい」イメージに原点回帰の新キャラ、その評判は?

シルクハットを入れても123cm、31.2kgの新キャラクター「リルモス」は、創業当時の「モス坊や」のイメージを受け継ぐ男の子だ(画像は「株式会社モスフードサービス」プレスリリースより引用)

4月以降モスバーガーのキャラクターに就任するのは「リルモス(LilMos)」という赤いシルクハットに蝶ネクタイの男の子だ。50歳のモッさんとは180度方向転換したキャラクターの登場にネット上からも「モッさんは引退して新キャラが代わりに…寂しいですねー」「私の心の師匠モッさんが引退とのこと…とても残念でなりません」「モッさん好きだったのになぁ。キモカワイイ的な感じで」「浦島太郎…玉手箱開けたか?」などの嘆きが続出。「ご当地コスプレ図鑑なくなっちゃうのかな」「玩具はどうなるんだろう」といった人気を博したモッさんグッズを惜しむ声も多数存在した。

他にも「何だこの昭和から蘇ってきたようなキャラは…」「新キャラの昭和感」「何か地味」など50年前の創業当時のキャラ「モス坊や」のイメージを受け継ぐだけに、リルモスが昭和感満載なことを指摘する声や、「ソフトクリームのやつみたいだな」「お菓子のキャラクターみたい…」と、他社の既存のキャラクターを思い起こさせるビジュアルに違和感を持つ声も聞こえてきた。

平均20分といわれる商品の提供時間に耐えしのび、バンズの小ささにも目をつぶり「それでもモスがいい」と長年支え続ける熱いモスファン達だからこそ、去り行くモッさんを惜しむ気持ちも分からなくはない。シルクハットを入れても123cmという、将来の伸びしろをタップリ感じさせる新キャラ坊やが描く今後にも注目していきたい。

●創業50周年、ハンバーガーがくれた出会いに感謝 さらにお客さまの近くへ、 新コーポレートキャラクターに変更 記念サイトを立ち上げ 50周年イベントを紹介(PDF)【株式会社モスフードサービス

※サムネイル画像は(Image:「株式会社モスフードサービス」プレスリリースより引用)

オトナライフ編集部
iPhone・Android・SNS・パソコン関連・キャッシュレス、QRコード決済など、さまざまな情報を独自の視点や切り口で発信するニュースサイト
Twitter:@otonalife

生活をもっと楽しく刺激的にする[オトナライフ]

モスバーガーのアラフィフ人気キャラ「モッさん」引退を惜しむ声多数、後任「リルモス」の責任は重大だのページです。オトナライフは、【グルメモスバーガーモッさんリルモス】の最新ニュースをいち早くお届けします。