「激辛」が仕事のストレス解消!? 福利厚生としても期待される効果は、サウナ級の幸福感?

令和のストレス対策も多様性が進んでいるようだ。ハウス食品は2月17日に、インターネット限定で販売している“旨・激辛食”「しあわせの激辛」シリーズを、合計4,000名のサラリーマンに配布したことを発表した。ただ、一般的な食品サンプリングと大きく異なっていることがひとつ。おいしさをアピールするのではなく、商品特徴である激辛を活かして“ストレス社会のなかでスカッとリフレッシュできる”点を訴求していることだ。ストレス社会で生きていくうえで、激辛が救世主となる時代が到来したようだ。

現代社会のストレスには、並の辛さじゃ太刀打ちできない?

巷で話題の激辛カップラーメン超えの商品も(画像は「ハウス食品グループ本社株式会社」プレスリリースより引用)

ハウス食品がサンプリングしたのは、「大人のココロを元気にする上質な“達成感”“幸福感”を提供する」を理念とした激辛シリーズの4商品だ。いずれも従来の辛さのものさしでは“大辛”に位置付けられる強者ぞろい。より詳細な辛さを伝えるため、4商品には辛さの単位を統一するアプリとポータルサイト「辛メーター」が提唱する“KM値”で辛さが表現されている。

この中で最もKM値が高い、すなわち最も辛いのが「チキンカレー」。辛さとマンゴーチャツネの甘みとトマトの旨みを両立させた味わい、という触れ込みだが、そのおいしさを感じ取れる人間がどれほどいるのだろうか。それほどまでに辛さ指数がふりきれた激辛カレーなのである。

辛さと幸せは紙一重、激辛がもたらすリフレッシュ効果

リフレッシュの代名詞・サウナ級のすっきり感は得られるのか

肝心の激辛がもたらすストレスへの効果だが、「辛メーター」を運営する辛メーターが、興味深い記事を出している。「しあわせの激辛」シリーズの検証記事として、脳波計を用いて瞑想やランニング、足つぼ、サウナを行った際の、緊張度や瞑想度を測定している。その結果、激辛チキンカレーを食べている最中の心拍数の高まり、心拍数が落ち着いた後の瞑想度の高まりが、サウナ+休息を行ったときに近い推移を示した。つまり、サウナと同じような効果が、激辛チキンカレーには期待できるようなのだ。

「リフレッシュしたいけど時間がない」「効率よくリフレッシュしたい」。そんな現代人に、激辛はうってつけのようだ。社員の心身の健康のために、福利厚生として激辛を導入、という会社も今後あらわれるかもしない。

●しあわせの激辛シリーズ、その実力を検証 サウナXX回分の幸せ?人は激辛で幸福になれるのか?【辛メーター
●ハウス食品「しあわせの激辛」(公式)は→こちら

※サムネイル画像(Image:Amazonより引用)

オトナライフ編集部
iPhone・Android・SNS・パソコン関連・キャッシュレス、QRコード決済など、さまざまな情報を独自の視点や切り口で発信するニュースサイト
Twitter:@otonalife

生活をもっと楽しく刺激的にする[オトナライフ]

「激辛」が仕事のストレス解消!? 福利厚生としても期待される効果は、サウナ級の幸福感?のページです。オトナライフは、【ヘルス・ライフしあわせの激辛ストレスハウス食品激辛辛メーター】の最新ニュースをいち早くお届けします。