QRコード決済が天下を取る日も近い? 現金離れが加速し全世代の3人に2人がスマホ決済派へ

スマホを提示するだけでサクッと買い物ができるQRコード決済。クレジットカードをカードリーダーに差し込む必要も、現金やお釣りの受け渡しの手間もないことから、数年前から店頭利用率も急増。今回の調査でついに50%を突破したことが明らかになった。公共料金の支払いもでき、ポイント還元も受けられるオトク度満載のQRコード決済が、現金決済やカード決済の牙城を崩す勢いの情勢をお伝えしていきたい。

QRコード決済、ついに50%を突破

QRコード決済は「PayPay」「d払い」や「楽天ペイ」など多数のサービスが集う戦国時代だ(「LINEリサーチ」調べ)

「マネー・決済サービスや金融関連商品などの認知率などについての調査」によると、 「スマホ決済」の利用率は年々増加し、全体で65%に到達。年代別に見てみても、全年代で60%を上回ったことが明らかになった。普段店頭で利用する率も年々増加していて、ついに50%を突破。2018年の調査では19%だったにも関わらず、この3年余りで利用者が急増しているのだ。

全年代で利用率は6割超え(「LINEリサーチ」調べ)

そんなスマホ決済の中でも、手軽さとオトクさでその規模を大きく拡大しているのがQRコード決済だ。アプリを開いてコードを表示するか、店頭の端末にスマホをかざすだけで支払いが完了する手軽さから急速に利用者が増加し、今やその勢いは現金やカードに迫りつつある。

クレジットカードのように接触することもなく、簡単にポイント還元やクーポンなどの割引が受けられる上に、公共料金の支払いもできるQRコード決済。そして2022年に現金派からの乗り換えを後押しする追い風となっているかもしれないのが、ゆうちょ銀行が1月から導入した“あの方針”だ。

QRコード決済が天下を取る日も近い? 現金離れが加速し全世代の3人に2人がスマホ決済派へのページです。オトナライフは、【マネーPayPayQRコード決済キャッシュレス楽天ペイ】の最新ニュースをいち早くお届けします。