キャッシュレス決済は金銭感覚にどれだけ影響を及ぼす!? コード決済の利用頻度は世代差・地域差が顕著に!

男性のかっこいいをつくり出すためのメディア「danCE(ダンシー)」は2022年2⽉13~16⽇、男性の医療脱⽑クリニック「メンズダビデ」監修のもと、「キャッシュレス決済に関するアンケート」を実施。400 名の男性から回答を得た。キャッシュレス決済といえば、お馴染みのクレジットカード決済から電子マネー決済、さらに近年勢いのある「PayPay」や「LINE Pay」などのスマートフォンを利⽤したQRコード決済(コード決済)まで多岐に渡るが、あなたが利用しているものはあるだろうか?そして、多くの人が利用しているものはどの決済サービスなのだろうか。

決済方法ではクレジットカード払いが最多

キャッシュレス決済が⽣活へ浸透していると実感する人は9割以上いるとことも調査で分かっている(「株式会社Leading Communication」調べ)

同調査の「普段のお買い物でよく使う⽀払い⼿段を教えてください。(複数選択可)」という質問では、最も多かった回答は「クレジットカード」だった。以降は「コード決済(PayPay、LINE Pay、楽天ペイなど)」「交通系電子マネー(Suicaなど)」「交通系以外の電子マネー(nanaco、iD、QUICPayなど)」「現金しか使わない」「デビットカード」「その他」と続いた。

なかでもとりわけ、スマホアプリのダウンロードを伴う「コード決済」について詳しく見てみると、年代や居住エリアで差が見られたという。まず年代別では「~20代」43%、「30代」58%、「40代」43%、「50代~」31%と、30代以降は年代が高くなるほど利用頻度は低くなっている。また、居住エリア別では「北海道/東北」52%、「関東」41%、「中部」40%、「近畿」40%、「中国/四国」54%、「九州・沖縄」61%と、意外なことに都市部よりも地方都市の方が利用頻度も高くなっていることが分かった。

これはあくまで推測だが、現在PayPayや楽天ペイなどのサービスでは「手数料0円」等のキャンペーンも駆使して全国各地の小規模店舗にまで導入を促してきた背景もあり、そのためコード決済は全国さまざまな店舗で使えるようになっている。一方、関東や中部・近畿といった都市部では通勤定期として交通系電子マネーを所持している人も多く、コード決済のライバルとなる決済方法も多かったことで相対的に利用頻度が低くなったのかもしれない。

キャッシュレス決済は金銭感覚にどれだけ影響を及ぼす!? コード決済の利用頻度は世代差・地域差が顕著に!のページです。オトナライフは、【マネーQRコード決済キャッシュレス】の最新ニュースをいち早くお届けします。