1,000人に聞いた「スーパー・コンビニのスイーツ好き」都道府県別ランキング、2位広島県を上回った1位は?

専門店に引けを取らない美味しさとその手軽さから、近年益々人気の高まりを見せるスーパー・コンビニのスイーツ。そんな中で洋生菓子を製造・販売するモンテールが、3月12日の「スイーツの日」に合わせて「スーパー・コンビニ スイーツ白書2022」を発表。同発表の中では、15年の調査で初めて「47都道府県別スイーツ事情」も実施されたという。

“スイーツ好き1位”の栄冠を手にしたのはどの都道府県だろうか、気になる結果を見ていこう。

スイーツ人気第1位は15年連続で今年も変わらず

「良く買うスイーツの種類」では、シュークリームは15年連続で1位。次点のプリンと共に不動の人気を誇る2大スーパー・コンビニスイーツだ (「株式会社モンテール」調べ)

洋菓子の製造・販売「モンテール」が3月12日の「スイーツの日」に合わせて発表した「スーパー・コンビニスイーツ白書2022」。2007年から毎年実施されているこの調査では、男女1,000人に「良く買うスイーツ」を尋ねたところ、スーパー・コンビニスイーツ人気ナンバーワンは「シュークリーム」(70.2%)だったことが明らかになった。

2位は「プリン」で49.1%、3位には「エクレア」の39.8%が続く形となった。シュークリームは特に男性からの人気も高く、「男性30代」で80.9%、「男性40代」では81.0%と圧倒的支持を得ており、15年連続で王座に君臨しているこの結果にはうなずく人も多いのではないだろうか。

スイーツ好きが最も多い都道府県とは?

スーパー・コンビニのスイーツ好きのトップ5には西日本の県がズラリ勢揃い(「株式会社モンテール」調べ)

また、今年は新たに各都道府県より約200人ずつ合計9,391人に行なった「47都道府県別のスイーツ事情」も発表され、四季折々の風土が異なる日本においてスイーツの好みの違いが明らかになった。

「スーパー・コンビニエンスストアのスイーツが好きか」という問いには、「好き」「とても好き」を合わせて回答者全体で95.1%の人が「好き」と回答。都道府県別にみるとスイーツ好きの人の割合が最も多い都道府県の第1位は「愛媛県」の99.5%だった。次いで「広島県」の98.5%、3位には「和歌山県」「香川県」「大分県」の3県が97.5%で同率となり、トップ5には西日本の県が並ぶという結果となった。エリア別でも同様に、1位は「中国・四国」の96.4%、2位が「九州・沖縄」で、比較的暖かい地域でスイーツ好きの割合が高い結果となり、スーパー・コンビニスイーツの嗜好にも「『甘さしっかり』派は静岡県」など、地域の違いもあることが明らかとなった。

スイーツの好みにも県民性や地域性が垣間見れて、非常に興味深い人も多いのではないだろうか。価格をいい意味で裏切るその美味しさと手軽さで、ますます人気が高まっているスーパー・コンビニスイーツだが、「コンビニおでん」のように、ご当地色を売りにする商品も今後頭角を現すのだろうか。スーパー・コンビニスイーツの更なる進化を楽しみにしていきたい。

出典元:【調査リリース】スーパー・コンビニスイーツ白書2022(PDF)【モンテール
●モンテールは→こちら

オトナライフ編集部
iPhone・Android・SNS・パソコン関連・キャッシュレス、QRコード決済など、さまざまな情報を独自の視点や切り口で発信するニュースサイト
Twitter:@otonalife

生活をもっと楽しく刺激的にする[オトナライフ]

1,000人に聞いた「スーパー・コンビニのスイーツ好き」都道府県別ランキング、2位広島県を上回った1位は?のページです。オトナライフは、【グルメコンビニスーパースイーツ都道府県ランキング】の最新ニュースをいち早くお届けします。