iPhone SE(第3世代)のカラーリングが判明? iPhone 13とともに新グリーンが追加?

「iPhone 11」にも「iPhone 12」にもあったカラーバリエーション「グリーン」。「iPhone 13」には採用されていなかったものの、「iPhone SE(第3世代、仮称)」のリリースとともに新色として登場するのではないか、といった噂が流れているようだ。

グリーンのiPhone 13やiPhone SE(第3世代)の存在は、2人のアナリストに言及されている。しかし2人が公開した画像は異なるものであり、絶対的な情報とは言い難いとも受け取れる。しかし一方で画像が異なるからこそ、信ぴょう性が高いと考えることも可能だろう。

もうじきアップルが開催するオンラインイベント。その場でこの情報の真偽が明かされることになりそうだ。

グリーンのiPhone 13が、すでに工場で製造されている?

アップルは、現地時間3月8日(日本時間3月9日)に新製品発表イベントの開催を予定しており、その発表内容が、「iPhone 13とiPhone SE(第3世代)のカラーとしてグリーンが発表されるのではないか」と話題になっている。このイベントはこれまでもiPhone SE(第3世代)のお披露目の場としての可能性が注目を集めており、「デザインは『iPhone SE(第2世代)』と同じではないか」「指紋認証『Touch ID』が搭載されるかもしれない」「予約開始は3月11日か?」など、多くのアナリスト・リーカーから数々の噂が発信されている。

現在注目されている「グリーン発売情報」の噂の出所のひとつは、weyvyug(@w_yuyang)氏のツイートだ。3月4日に英語で「グリーンのiPhone 13が現在工場で製造されており、来週リリースされると聞いています」と投稿された。画像は4点あり、iPhone 11やiPhone 12のグリーンと近しいように思える色味もあれば、それよりも濃い印象を受けるものも紹介されている。

グリーンの登場を待ち望んではいるものの、これまでの色味は淡く、もっと濃いグリーンを期待している方にとっては、グリーンが発売されるかに加えて、具体的にどのような色なのか、という点も楽しみだ。

iPhone SE(第3世代)のカラーリングが判明? iPhone 13とともに新グリーンが追加?のページです。オトナライフは、【iPhone&AndroidAppleiPhone SEiPhone SE 3】の最新ニュースをいち早くお届けします。