ドコモの「iモード卒業公演」の動画がエモすぎる!懐かしのガラケーあるあるに30~40代が涙

3月の声を聞くと「卒業式」を連想する人も多いのではないだろうか。2026年3月にFOMAとiモードのサービスを終了するNTTドコモが公開した「iモード卒業公演」の Web ムービーが大きな反響を呼んでいる。というのもこの動画、体育館の壇上に整列する“卒業生”は歴代400台以上のガラケーたち。そして着信音で歌う「仰げば尊し」をBGMに、赤外線交換やセンター問い合わせなど、一度でもガラケーを手にしたことがある人なら誰もが知っている懐かしい小ネタなどの胸が熱くなるシーンがちりばめられているからだ。

「エモすぎて涙が」と話題騒然の「iモード卒業公演」をご紹介していきたい。

初代から400台以上のガラケーが勢揃いの「iモード卒業公演」

iモード卒業公演

着信音で「仰げば尊し」を奏でながら「楽しい時もうれしい時も」「そばにいさせてくれてありがとう」と、ユーザーとの思い出を振り返る歴代のガラケーたちが涙を誘う(画像は「NTTドコモ」公式サイトより引用)

2026年3月にFOMAとiモードのサービスを終了するNTTドコモが公開した「iモード卒業公演」が大反響だ。というのも体育館の壇上にぎっしりと並ぶのは、1999年2月発売の初代iモード端末「F501i」をはじめ歴代400台以上のガラケーたち。そして着信音で卒業式の定番曲「仰げば尊し」を奏でながら、この23年の道のりを「ガラケーあるある」の再現動画で振りかえってくれるからだ。

懐かしの機種と共に繰り広げられるのは、ガラケー世代なら誰もが頷く懐かしのシーンの数々。家の固定電話への連絡手段から、好きな人へ直接連絡できる通信機器という大きな役割を果たしたガラケーだけに、赤外線通信でのメアド交換や「Re:」で埋め尽くされた件名、電池パック裏のプリクラなど、ガラケーを使っていたあの頃の想いがキュンと蘇ってくる人も大いに違いない。

ドコモの「iモード卒業公演」の動画がエモすぎる!懐かしのガラケーあるあるに30~40代が涙のページです。オトナライフは、【iPhone&Androidiモードiモード卒業公演ガラケードコモ】の最新ニュースをいち早くお届けします。