メルカリで備品を購入したら領収書の発行は可能? – 発行依頼が来た際の対処法も

ビジネスや事業で使用する備品を購入したときは、「領収書」の取り扱いが重要になります。しかし、メルカリで備品を購入したとしても、領収書を発行してもらうことはできません。本記事では、メルカリで備品を購入したときの領収書の取り扱いと、購入者から発行依頼が来たときの対処法について解説します。

メルカリで備品を購入したら領収書の発行は可能?

メルカリで備品を購入したときの領収書の扱いについて、本章では下記2つの観点から解説します。

・メルカリの利用規約では「領収書」は発行されない
・メルカリの出品者に領収書の発行を依頼することは可能?

メルカリの利用規約では「領収書」は発行されない

メルカリでは商品を購入しても領収書は発行されません。「メルカリ利用規約」では、下記のように記載されています。

メルカリの利用規約では「領収書」は発行されない

メルカリで購入した商品の決済手続きは、どの決済方法でもメルカリのアプリ内で行われます。しかし決済が完了しても、メルカリ側が領収書を発行することはありません

メルカリの出品者に領収書の発行を依頼することは可能?

メルカリのシステム側が領収書を発行しないのであれば、出品者側に発行を依頼するという方法も考えられるでしょう。しかし、出品者側も領収書は発行できません。

なぜなら、領収書は金銭の授受を行った当事者同士において発行されるものだからです。メルカリでは、購入者が金銭を支払うのはあくまで「メルカリに対して」。メルカリ側が発行した領収書でなければ効力を発揮しません。

さらに、メルカリで支払った金額の1割は「販売手数料」としてメルカリ側に徴収されるため、相手が発行した領収書では1割少ない金額になり領収書として不適切です。以上の理由から、メルカリで購入した商品の領収書の発行を、出品者側に依頼することもできません。

メルカリで備品を購入した際に領収書代わりにできるもの

メルカリで備品を購入しても、メルカリと出品者いずれからも領収書を発行してもらうことはできません。しかし、下記3つのものは領収書代わりにできる可能性が高いため、ぜひ活用してみてください。

・クレジットカードの明細
・【コンビニ払いの場合】レシート
・購入履歴画面を印刷した書類

クレジットカードの明細

クレジットカードの「利用明細」は、メルカリで備品を購入した際に領収書代わりにできる可能性があります。ただし、利用明細には決済日と金額は記載されますが、メルカリの商品名や取引内容は記載されません。

商品名や取引内容の記載がなければ、領収書として認められない可能性があります。そのため。後述する「購入画面のスクリーンショット」のような、個別の商品名や取引詳細が確認できる書類も保管しておくと、税務署に追及されたときに役立つでしょう。

コンビニ払いの場合(レシート)

メルカリの商品をコンビニ払いで購入した場合は、支払い時に受け取るレシートが領収書代わりになります。ただし、レジから発行される短いレシートではなく、店舗のハンコが押された「控え」が領収書代わりとなるため、誤って捨ててしまわないよう注意してください。

購入履歴画面を印刷した書類

クレジットカードの利用明細やコンビニ払いのレシートだけでは、個別の商品名や取引詳細を確認できないため、税務調査で経費と認められないことがあります。そこで、メルカリの「購入履歴画面」を印刷した書類も保管しておくと安心です。

購入履歴画面を印刷した書類

メルカリの「購入履歴画面」には、商品を購入した日付や金額だけではなく、商品名や取引内容の詳細が記載されています。この画面を印刷して保管しておけば、税務調査のときも経費として認められるでしょう

【出品者向け】購入者からの領収書発行依頼を未然に防ぐには?

購入者から「領収書を発行してほしい」と言われたら、発行してあげたいと思うかもしれません。しかし、前述したように支払いは購入者とメルカリ間で行われることや、金額の一部がメルカリに入ることなどから、出品者が領収書を発行することはできません。

したがって、メルカリで購入者から領収書の発行を求められたことは、確実に断るべきです。本章では、購入者からの領収書発行依頼を未然に防ぐために有効な、下記2つの方法を紹介します。

・匿名配送を利用する
・自身のプロフィールページや出品ページで「領収書発行不可」と明示する

匿名配送を利用する

出品時に通常の配送方法を選択すると、自身の住所氏名などの個人情報が相手に伝わるため、購入者から領収書の発行を求められる可能性があります。

メルカリで利用できる匿名配送には、「らくらくメルカリ便」と「ゆうゆうメルカリ便」の2つの方法があります。

匿名配送を利用する

領収書の発行には、出品者の住所氏名と捺印が必要です。匿名発送を利用すれば、「個人情報の開示ができない」という理由で、領収書の発行を断ることができます

ただし、匿名配送は出品時に「らくらくメルカリ便」「ゆうゆうメルカリ便」を指定していないと使えません。取引成立後の変更はできないため、出品時に必ずこれらの配送方法を選択しておきましょう。購入後に「匿名配送」を選択すると、個人情報を開示せずに商品を送ることができます。

自身のプロフィールページや出品ページで「領収書発行不可」と明示する

領収書の発行依頼を未然に防ぐためには、自身のプロフィールページや出品ページで、あらかじめ「領収書の発行には応じておりません」と書いておくことがおすすめです。領収書が必要な人に、領収書を発行しないというルールをあらかじめ伝えておくことで、領収書の発行依頼を断りやすくなるでしょう。

まとめ

メルカリで備品を購入したときは、メルカリや出品者に領収書を発行してもらうことは基本的にはできません。クレジットカードの利用明細書やコンビニ払いのレシートとあわせて、購入履歴画面を印刷した書類を保管しておくと税務調査のときも安心です。

購入者から領収書の発行依頼を防ぎたい場合は、匿名配送を利用するか、プロフィールや出品ページであらかじめ「領収書発行不可」と明示しておきましょう。なお、購入者から「どうしても領収書が必要である」と強く発行を要望された場合は、ケースバイケースで対応することも必要に応じて検討しましょう。

オトナライフ編集部
iPhone・Android・SNS・パソコン関連・キャッシュレス、QRコード決済など、さまざまな情報を独自の視点や切り口で発信するニュースサイト
Twitter:@otonalife

生活をもっと楽しく刺激的にする[オトナライフ]

メルカリで備品を購入したら領収書の発行は可能? – 発行依頼が来た際の対処法ものページです。オトナライフは、【ヘルス・ライフメルカリメルカリの使い方ゆうゆうメルカリ便らくらくメルカリ便領収書】の最新ニュースをいち早くお届けします。