サイゼリヤ幻の人気メニュー「ラムのランプステーキ」がついに復活!期間限定お早めに

みんな大好きサイゼリヤ。ランチや仕事中の休憩、コスパ最高の“サイゼ飲み”まで、一人で行っても複数人で行っても、どんなシチュエーションにも対応できるメニューの豊富さとお手軽価格が人気だ。サイゼリヤといえば定番の「ミラノ風ドリア(300円(税込、以下同))」が筆触メニューと思われがちだが、一時期、ある界隈で「サイゼで一番食べるべきメニューはミラノ風ドリアではなくラムのランプステーキ」とささやかれていたのをご存じだろうか。一時期販売終了していたこのメニューの復活が発表され、SNS上で喜びの声があふれている。

コスパがよすぎて他でステーキを食べる気が失せるレベル

2022年春のメニュー改定で期間限定登場する(画像は「サイゼリヤ」公式サイトより引用)

「ラムのランプステーキ(1,000円)」は、2021年3月にサイゼリヤで販売されていた商品。ラム肉のステーキが1,000円という低価格で食べられるとあって話題だったが、その味もなかなか本格的で、コスパが非常に高いと各所で注目されていた。筆者も食べたことがあるが、ラムらしい味わいが楽しめてなかなかの本格派な味。自分で前菜などを組み合わせてコース仕立てにして食べても3,000円いかないという価格破壊っぷりに、サイゼへ行った時のマストメニューとなっていた。

ところがあまりの人気に原料供給が追い付かず、半年も経たずに販売終了となってしまった。2021年8月にはお詫びと共に「販売再開に向けて準備を進めている」と発表されていた。「ステーキがないなら…」と、ラムの串焼きである「アロスティチーニ(400円)」を注文し、「これはこれなりにおいしいけれどがっつりステーキが食べたい…」と漏らした人は多いのではないか。と、そんな中でのラムのランプステーキの復活発表である。

ラムらしい味が楽しめるステーキと、ワインとの相性はバツグン

(Image:Morumotto / Shutterstock.com)

「ファミレスで飲む」という意識を植え付けたのは、サイゼリヤがパイオニアなのではないだろうか

もう再販は無理だったのかな…とあきらめかけていた人々の元への、今回の再販発表。ネットではラムのランプステーキファンによる喜びの声にあふれている。ちなみに、食したことのない方にご説明申し上げると、ラムのランプとは仔羊の腰からおしりにかけての、赤みが多くてやわらかい部位のこと。少量しかとれない貴重な部位であり、「これぞラム肉」といえる個性的な味が楽しめる。添えられているスパイスをかけて食べると、ビールやワインにもぴったりで、サイゼ飲みが一層楽しくゴージャスになること間違いなし、の1品だ。焼き加減はミディアムレアで提供されるので、もっと火を通したい人は1cm幅にカットして鉄板に押し付けるとよいだろう。

今回の再販は2022年3月9日から、春のグランドメニュー改定に伴う季節限定メニューとして登場とのことで、いつまで販売されるかは明記されていない。もしかしたら人気が殺到してまたもや販売停止になることも…と不安な人は、今すぐ食べにいくべし。

●季節のメニューサイゼリヤ

※サムネイル画像は(Image:「サイゼリヤ」公式サイトより引用)

オトナライフ編集部
iPhone・Android・SNS・パソコン関連・キャッシュレス、QRコード決済など、さまざまな情報を独自の視点や切り口で発信するニュースサイト
Twitter:@otonalife

生活をもっと楽しく刺激的にする[オトナライフ]

サイゼリヤ幻の人気メニュー「ラムのランプステーキ」がついに復活!期間限定お早めにのページです。オトナライフは、【グルメ・カフェサイゼリヤ】の最新ニュースをいち早くお届けします。