iPhone SE(第3世代)がAndroidのシェアを奪う!? 30ドル程度の値上げも常識の範囲か

日本時間3月9日に華々しくお披露目された「iPhone SE(第3世代)」。iPhone SEシリーズ初の5G対応機種であることや、根強い人気のある指紋認証「Touch ID」が採用されていることなどから、発表直後からネット上で大きな注目を集め、大ヒットを予感させている。そんな中、一部報道では「iPhone SE(第3世代)はAndroidスマートフォンユーザーからの乗換えも増えるのではないか」といった予測も出てくるようになってきた。

今回は、そんなiPhone SE(第3世代)に対する世間の動向について考えていきたい。

iPhone SE(第3世代)、ついに登場

(Image:ALDECA studio / Shutterstock.com)

iPhone SE(第2世代)は第3世代と同じ3色展開だ

台湾メディアのDIGI TIMES Asiaが報じた内容によれば、現在市場では「iPhone SE(第3世代)の投入で、アップルがミドルレンジスマホの市場ニーズを広げるかどうか」に注目が集まっているという。

iPhone SE(第3世代)は429ドル、日本では57,800円(税込)、で発売されるため、2020年発売の「iPhone SE(第2世代)」から30ドルの値上げとなっている。正式発表直前には「300ドル程度になる」といった噂が流れていたことなどもあり、価格が明らかとなった際には業界でも少なからず驚きが走ったようだ。

しかしこの値上げも、SoCでは「iPhone 13」でも採用されている「A15 Bionic」が採用されたり、5G通信が可能になったりといったiPhone SE(第3世代)自身の進化もあり値上げも妥当な範囲と受け入れられているという。

iPhone SE(第3世代)がAndroidのシェアを奪う!? 30ドル程度の値上げも常識の範囲かのページです。オトナライフは、【iPhone&AndroidAndroidAppleiPhone SEiPhone SE 3】の最新ニュースをいち早くお届けします。