【Amazon】注文済み商品の「キャンセルリクエスト」の方法を画像付きで解説

Amazonで商品を注文したあとに、なんらかの理由でキャンセルしたくなることもあるでしょう。Amazonでは注文済み商品の「キャンセルリクエスト」を送信できます。ただし必ずキャンセルできるとは限りません。本記事ではAmazonでキャンセルリクエストができる条件と送信方法について解説します。

Amazonでは注文済み商品のキャンセルリクエストが条件付きで可能

Amazonでは、注文済み商品を条件付きでキャンセルできます。注文のステータスが「未発送」の場合は、Amazonが出荷する商品であれば無条件でキャンセル可能。注文のステータスが「出荷準備中」であれば、「キャンセルリクエスト」を送信できます。

Amazonでは注文済み商品のキャンセルリクエストが条件付きで可能1

【1】詳しい手順は後述しますが、上記のようにキャンセルしたい理由を送信すると、注文済み商品のキャンセルをリクエストできます

Amazonでは注文済み商品のキャンセルリクエストが条件付きで可能2

【2】Amazonで注文済み商品のキャンセルリクエストを送信できるのは、注文のステータスが「出荷準備中」になっている場合のみ。商品が発送されたあとはキャンセルリクエストができません

キャンセル料は基本的には発生しない

Amazonでキャンセルリクエストを送信して商品をキャンセルした場合、キャンセル料は基本的に発生しません。ただしAmazonではなくマーケットプレイスの出品者から購入した場合は、出品者側が定めたルールにより、キャンセル時に商品代金の2~5%のキャンセル手数料が請求される場合があります。

Amazonで注文済み商品の「キャンセルリクエスト」をする方法

Amazonで注文済み商品の「キャンセルリクエスト」をする方法について、下記2つのパターンごとに解説します。

・Amazonが出荷する商品の場合
・マーケットプレイスの出品者が出荷する商品の場合

Amazonが出荷する商品の場合

Amazonが出荷する商品のキャンセルリクエストは、下記の手順で行うことができます。iOSとAndroidいずれの端末でも同じ手順で可能です。

Amazonが出荷する商品の場合1

【1】①ホーム画面右上のアイコンをタップします。②「注文履歴」をタップします

Amazonが出荷する商品の場合2

【2】キャンセルリクエストを送信したい商品の①「商品をキャンセル」をタップします。下に写っている商品のように、すでに発送済み・到着済みの商品には表示されません。②キャンセルしたい商品をチェックしてください。③「キャンセルの理由(オプション)」をタップします

Amazonが出荷する商品の場合3

【3】①キャンセルしたい理由を選択します。基本的には「間違えて注文した」を選んでおけば問題ありません。②「キャンセルリクエスト」をタップすると送信完了です

マーケットプレイスの出品者が出荷する商品の場合

Amazonではなくマーケットプレイス出品者が出荷する商品の場合は、出品者へ個別にキャンセルリクエストを送信する必要があります。

マーケットプレイスの出品者が出荷する商品の場合

「注文履歴」画面でキャンセルしたい商品の「出品者に連絡する」をタップすると、チャット画面が開きます。キャンセルしたい商品下部の「選択」をタップし、選択肢から「この注文をキャンセルする」を選びましょう。その選択肢が表示されない場合は、「その他」を連続してタップすると出品者にメッセージを送信できるようになります

メッセージを記入するときは下記のように、キャンセルしたい旨を簡潔に記載して送信しましょう。

「先ほど[注文番号]で[商品名]を購入した[氏名]と申します。大変申し訳ありませんが、誤って注文してしまったのでキャンセル手続きが必要です。お手数おかけしますが、よろしくお願いします」

注文番号・商品名・氏名の部分には適切なものを挿入して、上記のメッセージ例を使用してください。キャンセルしたい意思だけ伝われば問題ないため、長文ではなく簡潔に記載して構いません。

Amazonの「キャンセルリクエスト」が通ったか確認するには?

Amazonの「キャンセルリクエスト」で正式に注文がキャンセルされたかどうかは、「注文履歴」の「キャンセルされた注文」から確認できます。

Amazonの「キャンセルリクエスト」が通ったか確認するには?

「注文履歴」画面の「絞り込み」から「キャンセルされた注文」を選ぶと、このような画面が表示されます。先ほどキャンセルリクエストを送信した商品が表示されている場合は、注文が正式にキャンセルされたということです

キャンセルが成立した場合は別途メールでも連絡が来るため、そちらも合わせて確認しておくと万全です。キャンセルリクエストが通らなかった場合は、後述する手順で「返品手続き」を行う必要があります。

Amazonからの返金処理はどのように行われる?

Amazonでキャンセルが行われたあとの返金処理には、下記4つのパターンがあります。

・決済前にキャンセルできた場合
・決済後だが出荷前にキャンセルできた場合
・商品発送後に返品した場合
・コンビニ支払いやATM決済を選んでいた場合

決済前にキャンセルできた場合は「支払い」が行われていないため、返金処理は発生しません。クレジットカードなどで決済が行われたあとでも、出荷前にキャンセルできた場合はすぐに返金処理が行われます。

商品発送後に返品した場合は、後述する「返品処理」が必要になります。返品から1~3日後に返金処理が行われます。ただしコンビニ支払いやATM決済の場合は、Amazonギフト券か銀行振込で返金処理が行われます。基本的にはAmazonギフト券での返金となるため、銀行振り込みを希望する場合は別途問い合わせが必要です。

商品発送後に注文をキャンセルしたい場合の対処法

商品発送後に注文をキャンセルしたい場合は、下記の手順で手続きを行ったあとに商品を返品する必要があります。なおiOSとAndroidいずれのスマホ端末でも同じ手順です。

商品発送後に注文をキャンセルしたい場合の対処法1

【1】①「注文履歴」画面で返品したい商品の「商品の返品」をタップします。②「返品の理由」を選択しますが、「間違えて注文した」を選べば問題ありません。③具体的な理由については、「間違えて注文してしまいました」など短く書いておけばいいでしょう。④「次に進む」をタップします

商品発送後に注文をキャンセルしたい場合の対処法2

【2】①今回はあくまで返品するため、「手続き方法」は「返金:元の支払い方法」を選択してください。②「次へ進む」をタップしましょう。③返品方法を選択しますが、基本的には「以下の方法で返送する」を選べば問題ありません。④最後に「返送手続きを開始」をタップすると、商品の返品準備が整います

前述したように、返金方法は商品の購入時に選択した決済方法によって異なります。基本的には下記のようになるので、返品前にあらかじめ確認しておきましょう。

決済方法 返金方法
クレジットカード 返品後1~3日でクレジットカードに返金
代金引換
コンビニ
ATM
ネットバンキング
電子マネー払い
返品後1~3週間でAmazonギフト券もしくは銀行振込で返金
携帯決済 返品後1~3日で携帯決済サービス経由で返金
Amazonギフト券 返品後1~2日でギフト券残高に反映
Amazonポイント 返品後1~3日でポイント残高に反映

受け取り拒否を行うことも可能

返品処理が面倒だと感じた場合は、配達員に「不要です」と伝えると商品の「受け取り拒否」ができます。前述したように返金方法は決済方法に準じます。ただしAmazonではなくマーケットプレイスの出品者から購入している場合は、受け取り拒否をしたあとに配送料を請求される可能性があるので注意が必要です。

まとめ

Amazonの注文済み商品は、商品の出荷前ならキャンセルリクエストを送信できます。キャンセルが通ればそのまま返金が行われますが、出荷後は返品手続きを行って商品を返送しないといけません。面倒な場合は受け取り拒否も可能ですが、出品者によっては配送料を請求されることも。Amazonのキャンセルリクエストはできるだけ早く行うことが大切です。

オトナライフ編集部
iPhone・Android・SNS・パソコン関連・キャッシュレス、QRコード決済など、さまざまな情報を独自の視点や切り口で発信するニュースサイト
Twitter:@otonalife

生活をもっと楽しく刺激的にする[オトナライフ]

【Amazon】注文済み商品の「キャンセルリクエスト」の方法を画像付きで解説のページです。オトナライフは、【ヘルス・ライフAmazonAmazonの使い方】の最新ニュースをいち早くお届けします。