30代・40代のお小遣い額・貯蓄額の平均が判明!あなたは平均より多い?少ない?

みなさんは、「世の中で働く同年代のサラリーマンたちは、いったい毎月いくらのお小遣いをやりくりして、どれだけの貯蓄を持っているか」と気になったことはあるだろうか。自分のお小遣いは世間一般から見て少ないのか?多いのか?自分の年代ではどれくらい貯蓄しているのが一般的なのか。

今回は、30代・40代を対象とした金銭に関するアンケート調査の結果についてお伝えしていきたい。

世の中のサラリーマン、ひと月のお小遣いはいくら?

(「SMBCコンシュー30代も40代も前回調査より自由に使える金額はアップしているマーファイナンス株式会社」調べ)

「プロミス」で知られるSMBCコンシューマーファイナンスは3月17日、30歳~49歳の男女を対象として2月に実施した「30代・40代の金銭感覚についての意識調査2022」の集計結果を公表した。

まず「毎月自由に使えるお金(お小遣い)」をたずねる質問では、全体の平均額は「33,265円」、年代別平均では30代で「34,318円」、40代「32,213円」という結果になった。3万円は超えているものの、収入の上がるはずの40代で下がっているのは子育てなどでライフステージが変化したからだろうか。

回答の割合を具体的に見てみると、「1万円以下」が全体の29.5%を占め最多となった。平均は3万円台だが、それよりもかなり少ない1万円以下が多いというのは少々悲しい結果と言えそうだ。そして2番目に多かったのは全体で18.4%となった「1万円超~2万円以下」、3番目は「2万円超~3万円以下」(全体15.7%)と続く。4番目でようやく平均額を上回る「4万円超~5万円以下」(全体13.9%)が登場。「0円」も含めると、全体の70%以上が平均額以下という残念なサラリーマンの実情が見えてきてしまった。

また、「お小遣いを使いすぎたと感じる金額はいくら?」という質問でも、1位は21.3%を占めた「1万円以下」に。ここにもお小遣いの少なさが見て取れた。

30代・40代のお小遣い額・貯蓄額の平均が判明!あなたは平均より多い?少ない?のページです。オトナライフは、【マネーお小遣い平均給与貯蓄額】の最新ニュースをいち早くお届けします。