「いいね」5万件!iPhoneで謎の生き物が大発生「ぞくぞく」ってなに?

今や小学生までもが持っている自分専用のスマートフォン。メッセージアプリやメモ帳などに文字を打ち込むとき、予測変換機能が入力の手助けとなってくれることも多いだろう。こちらの予測変換機能、iPhone/iPadユーザーに限り実はキーボードである文字を入力すると、面白い文字列が表示されるというのだ。

2022年3月14日に投稿された、アルニース(@Aruniesu)さんの「iPhoneユーザーは「ぞくぞく」って打ってみて」という意味深なツイートは、これを見て実践した多くのツイッターユーザーから5万件以上もの「いいね」を獲得した。アルニースさんの投稿したツイートの動作を行うと、iPhone上ではどのようなことが起こるのか?チャレンジしてみたツイッターユーザーたちの声も交えてご紹介したい。

不思議な生物「ぞくぞく」

ある日、ネットサーフィンをしていたアルニースさんは、たまたま辿り着いたサイトで誰かが『iPhoneで「ぞくぞく」と打ってみて』というような内容を書き込んでいるのを発見。試しに自分のiPhoneに打ち込んでみたところ、予測変換のところに使い道不明の謎の文字列が表示されたのである。

『ʕ•̫͡•ʕ•̫͡•ʔ•̫͡•ʔ•̫͡•ʕ•̫͡•ʔ•̫͡•ʕ•̫͡•ʕ•̫͡•ʔ•̫͡•ʔ•̫͡•ʕ•̫͡•ʔ•̫͡•ʔ』

「これは面白い!」と思ったアルニースさんは、すぐにツイッターのフォロワーに向けて情報を共有。このツイートは瞬く間にリツイートされ、多くのツイッターユーザーの目にすることとなったのだった。アルニースさんの元には、「こんな機能あったんですね」との驚きを隠せない声や、実際に「ぞくぞく」と打ち込んで、謎の生き物を大量発生させただけのシュールなリプライが飛び交った。

Appleの謎の遊び心

実は筆者もiPhoneユーザーのひとりなので、さっそく「ぞくぞく」とメモに打ち込んでみたのだが、確かに予測変換には、この謎の生き物がワラワラと密集した顔文字のようなものが表示された。これは一体どういう意味があるのだろうか。

幼少期にはスケルトンブルーのiMacをいじくりまわし、大学時代にはまだ絵文字の概念すらなかった初代iPhoneに飛びついた、それなりのApple信者を自称している筆者だったが、この生物が何なのかまではさすがによく分からない。Appleの遊び心だとしても、「ん?」と思うようなこの文字の羅列。可愛くないとは言わないが、謎は深まるばかりである。20年以上の長い付き合いがある清楚な恋人に、ある日突然、「実は私、廃墟探索が趣味なの」とカミングアウトされたのと同じぐらいの衝撃を感じた。

ちなみに、MacBookのキーボードでも、この生き物が同じように発生するかどうか試してみたのだが、期待を裏切ることなく、予測変換にしっかりと姿を現していた。Apple、組織ぐるみの犯行である。筆者は思わず、「このへんないきものは、きっと世界中にいるのです。たぶん。」と小声でつぶやいた。

この生き物を出す、その他のやり方

この謎の生き物については、iPhoneユーザーしか存在が確認できないのかと思いきや、『Simeji』というキーボードアプリをダウンロードすれば、androidユーザーの皆さんのスマホにも召喚することが出来ることが判明した。やはり使い道はイマイチ分からないが、もし試してみたいと思っていたのに、iPhoneじゃないことで涙を飲んだ稀有な人がいれば、ぜひ『Simeji』をダウンロードしてみて欲しい。

「ぞくぞく」の他に、筆者のiPhoneでは「かおもじ」と入力しても、予測変換にこの生き物の存在を確認できた。

謎生物の正体はUnicode特殊文字!

さて、この正体不明の生き物についてだが、謎の解明を急ぎたいものの、文字なので文字通り解剖は出来ない。代わりにちょっとだけ「解体」させてもらうと、この生き物は『Unicode特殊文字』と呼ばれるものの中でも、発音記号や合成用記号で構成されている。分かりやすく言うと、海外の一部の言語で使われているアルファベットと合成して使う文字を使用して作られた顔文字だということだ。筆者はもともと、某大手ゲーム会社出身のライターなので、記号自体はパッと見た段階で「アッ!」と思ったが、Appleが公式でこういった面白い使い方をしているのは初見だった。

他にも、『Unicode特殊文字』を組み合わせた顔文字などはないかと調べてみたところ、先ほどの生物が手を上げている「ฅʕ•̫͡•ʔฅ」や、若干キモめの「 ( ;༎ຶ۝༎ຶ)」や「(꒪ཀ꒪)」など、ネット上では様々な特殊顔文字を発見することが出来た。こうしてみると、iPhoneの「ʕ•̫͡•ʕ•̫͡•ʔ•̫͡•ʔ•̫͡•ʕ•̫͡•ʔ•̫͡•ʕ•̫͡•ʕ•̫͡•ʔ•̫͡•ʔ•̫͡•ʕ•̫͡•ʔ•̫͡•ʔ」は相当カワイイ部類の特殊顔文字であると言える。

この生き物をあえてAppleが予測変換に組み込んだ理由は、いくら調べても謎のままだが、もし自分でこうした特殊文字記号を使った顔文字が作りたい場合は、App Stooreで「ユニコード」と検索すれば、コードをコピーできるアプリがいくつか出てくるので、暇つぶしがてら、ぜひオリジナルの謎の生物生成にチャレンジしてみて欲しい。

※サムネイル画像(Image:JL IMAGES / Shutterstock.com)

花澤瑠衣(はなざわ・るい)
編集/ライター。猫が好き。趣味は読書と酒。数年間のハイボールブームを終えて、現在は空前の芋ロックブームを迎えている。おすすめの焼酎は、だいやめ。
Instagram:@lui0710

文=花澤瑠衣/編集・ライター

「いいね」5万件!iPhoneで謎の生き物が大発生「ぞくぞく」ってなに?のページです。オトナライフは、【SNSで話題iPhoneTwitterで話題】の最新ニュースをいち早くお届けします。