どうしてahamo(アハモ)は100GBの「大盛りプラン」を投入したのか? その納得のワケ

データ通信量20GB+5分無料通話付で月額2,970円と格安なドコモの「ahamo(アハモ)」。2022年3月時点で300万契約が目前という人気ぶりだ。そんなahamoが2022年6月から投入する新プランが月100GBで月額4,950円という「ahamo大盛り」である。だが、“誰が月100GBも使うの?”“本当にお得なの?”など、さまざま疑問も沸いてくる。そこで、今回は「ahamo大盛り」がいったいどんなプランなのか? どうして100GBもの大容量プランを投入したのかを解説しよう。

2022年6月から始まる「ahamo大盛り」ってどんなプラン?

ドコモの格安プラン「ahamo(アハモ)」は、データ通信量20GB+5分無料通話付で月額2,970円と、それまでの大手キャリアよりもかなりお得な料金プランで人気を博してきた。事実、ahamoは開始からわずか1年後の2022年3月時点で、すでに300万契約が目前だという。

ライバルのauやソフトバンクもこれに対抗して20GBで月額3,000円以下の格安プランを打ち出してきたが、ahamoほどの加入者はなく苦戦を強いられてきた。

そこで、auでは基本料を無料にし、1〜150GBまでのデータ通信量を自由にトッピングできる「povo2.0」を投入。3GB/30日で990円の小容量プランも利用できるようにした。

また、ソフトバンクの「LINEMO」も、月3GBで月額990円という小容量プランを投入して巻き返しを図っている。

そんななか、1年間まったく動きのなかったahamoは、2022年6月から100GBの大容量プラン「ahamo大盛り」を投入すると発表した。この「ahamo大盛り」は、基本プランに80GBの「大盛りオプション」を月額1,980円で追加するというもの。

つまり、基本プラン20GB(月額2,970円)+80GBオプション追加(月額1,980円)で、合計100GBを月額4,950円で利用できるという仕組みになっている。

それにしても、どうしてahamoは小容量ではなく100GBという大容量プランを投入してきたのか? いったい誰が100GBも使うのか? 本当にahamo大盛りはお得なのか検証してみたいと思う。

(Image:ahamo.com)

ahamo大盛りは100GBで月額4,950円と発表されているが、実はahamoに100GBプランが設定されるわけではない。6月から登場するのは80GBで1,980円の「ahamo大盛りオプション」である

「ahamo大盛り」は20GBで月額2,970円の基本プランに、80GBの大盛りオプションを1,980円で追加する仕組み。計100GBを月額4,950円で利用できる(表はNTTドコモの公式サイトを基に編集部で作成)

●ahamo「ahamo大盛り」(公式)→こちら
●NTTドコモ「「ahamo大盛り」の提供を開始-月額4,950円(税込)でデータ容量100GBまでご利用可能に-<2022年3月23日>」→こちら

どうしてahamoは100GBの大盛りプランを投入するのか?

MM総研が2021年7月に実施した「携帯電話の月額利用料金とサービス利用実態」調査では、月間データ通信量は平均8.72GBで中央値は3GB。回答者の57.6%が3GB以下の通信量だった。

スマホのデータ通信量は3GB以下が57.6%。7GB以下が75.2%を占める。100GBもの大容量が本当に必要なのか、マーケティング的にはやや疑問が残るが……(出典:MM総研の調査資料より)

出典元:「スマートフォン利用者の月額利用料金は4,845円」【MM総研】

 

このデータを見る限り、LINEMOやpovoが月3GBで月額990円の小容量プランを用意したのは、マーケティングに基づいた正攻法であると言える。

これに対し、少数派であるはずの大容量ユーザー向けプランを打ち出したahamoは、マーケティング的に見ればあまり上手くいくとは思えないはずだ。

だが、そこにはドコモなりの思惑があった。ドコモによると、2020年以降はコロナ禍でテレワークが増え、スマホのデータ量が増加傾向にあるという。

とくに、一人暮らしの20代〜30代の若者は、自宅にWi-Fiがなかったり、アパートの固定回線(Wi-Fi)の速度が遅いため、テレワークのビデオ会議ではスマホのテザリングを利用することが多いらしい。

また、自宅や会社にWi-Fiがあっても速度が遅くつながりにくいため、動画を見るときはスマホを利用するほうが快適な場合もあるそうだ。

確かに、すでに高速な5Gが普及してきたことで、最近はWi-Fiよりもスマホのデータ通信のほうが速くて快適なシーンも増えている。ドコモはこのような背景から判断して、小容量ではなくあえて大容量のahamo大盛りオプションを投入したというわけだ。

どうしてahamo(アハモ)は100GBの「大盛りプラン」を投入したのか? その納得のワケのページです。オトナライフは、【iPhone&Androidahamoahamo大盛りドコモ】の最新ニュースをいち早くお届けします。