サラリーマンを悩ます「上司ガチャ」、はずれガチャ上司の特徴2位「高圧的」を超える1位とは

近年、さまざまなジャンルで聞かれる「〇〇ガチャ」という言葉。2021年には「親ガチャ」が大きくバズり、「現代用語の基礎知識選 2021ユーキャン新語・流行語大賞」のトップ10にも選出されるほど注目を集めた。そんな〇〇ガチャのひとつに「上司ガチャ」なるワードも存在する。

今回は、そんな上司ガチャに関する調査についてお伝えしていきたい。

上司ガチャに恵まれた経験のある人は70%以上!

上司個人の能力の高さよりもコミュ力が求められているようだ(「株式会社アッテル」調べ)

AI(機械学習)が採用候補者の入社後活躍・退職確率を予測する将来予測型ピープルアナリティクスサービス「アッテル(Attelu)」を展開する株式会社アッテルは3月24日、「上司ガチャの実態調査」の結果を公開した。その調査では正社員として働く452名の回答者から、「会社において誰が上司になるかが運要素で決まってしまい、良い上司と悪い上司の当たりはずれが大きい」上司ガチャに関する意見を募った。

調査結果によれば、「上司ガチャに恵まれたと感じたことはあるか」の質問で、「ある」と答えた人は70.8%にのぼった。70%以上が上司ガチャで“SSR”を引き当てた経験を持っているようだ。

具体的に「恵まれたと感じた上司の特徴」として挙げられたのは、1位が「コミュニケーションが取りやすい」で42.9%を占めた。日常的に話しやすい雰囲気の上司であれば業務で何か困ったときにも相談を持ち掛けやすい、という安心感は働く側としては重要なポイントだろう。2位以下は2位「人として尊敬できる」(38.5%)、3位「面倒見が良い」(38.3%)、4位「指示が的確で分かりやすい」(38.1%)と混戦状態。どれも「たしかにそれは良い上司だ」と納得の理由が上位を占めた。一方で「仕事ができる」(6位・30.5%)、「良いお手本になる」(7位・25.0%)といった「バリバリ仕事ができる優秀な上司」の像はあまり求められていないような結果となったのは少し意外と言えるかもしれない。

サラリーマンを悩ます「上司ガチャ」、はずれガチャ上司の特徴2位「高圧的」を超える1位とはのページです。オトナライフは、【スキル・ビジネス上司ガチャ】の最新ニュースをいち早くお届けします。