7,000万人が選んだ「ビール類」ランキング、3位スタイルフリー、2位金麦を超える1位は?

今やさまざまなカテゴリやブランドが登場しているビール類。ほんの少し前まではビールといえばビールしかなかったのに、今は発泡酒、新ジャンルと呼ばれるビール系飲料が豊富にある。さらにその味わいもどんどん進化していて、新ジャンルもビールと遜色ないほどだ。これだけの種類があると選ぶ時もなかなか大変。「やっぱりいつものにするか…」と妥協している人も多いのではないだろうか。

そんな人にぜひ紹介したいのが、「1歳刻み!7,000万人の購買商品ランキング」調査結果。「1歳刻みでそんなに結果に差が出るのだろうか…」と半ば懐疑的だったが、なかなかおもしろい結果が出ているのでお伝えしよう。

総合1位はアサヒスーパードライ!なんと全年齢で1位を獲得

こうしてみると、アサヒとキリンはやはり2大巨頭といっていいだろう(「CCC マーケティングカンパニー」調べ)

「1歳刻み!7,000万人の購買商品ランキング」の調査は、CCCマーケティング株式会社が7,000万人を超えるT会員の購買データをもとに実施。20歳~69歳の男女が2021年の1年間で購入したビール類の中から、ランキング形式で紹介している。

まずは総合ランキングから見ていこう。5位は「麒麟麦酒 本麒麟」、4位は「麒麟麦酒 のどごし」、3位は「アサヒビール スタイルフリー」、2位は「サントリー 金麦」、1位は「アサヒビール スーパードライ」という結果となっている。

上位5位のうち、3つが新ジャンル。かろうじて1位はスーパードライが堅守しているものの、アサヒと肩を並べるといっても過言ではないキリンは「一番搾り」が7位と、レギュラービールが新ジャンルに追い抜かれてしまったという結果だ。これはキリンの新ジャンルの商品開発努力がすごかったのか、レギュラービールを選ぶ時にスーパードライと比べられてしまっているのか…。それにしてもスーパードライは、全年齢で1位を獲得している。その支持率は圧倒的だといえる。

7,000万人が選んだ「ビール類」ランキング、3位スタイルフリー、2位金麦を超える1位は?のページです。オトナライフは、【グルメ・カフェビールビール類】の最新ニュースをいち早くお届けします。