年収1,000万円超えの人が選ぶ「住みたい街ランキング」、圧倒的な人気を誇るのはやっぱりあのエリア?

東京23区のなかであなたが住みたいと思うエリアはどこだろうか? 家賃や物価を気にしないのであれば、都内には便利で快適でおしゃれな街がたくさんある。そこで、今回は年収1,000万円以上の人が2021年の1年間で実際に契約した物件のあるエリアを調査した、「年収1,000万円越えプレーヤーが選んだ『住みたい街ランキング2022 by RENOSY』」というランキングを紹介していこう。

東京23区のなかでも特に人気が高いエリアは?

年収1,000万円超え、あなたならどこに住む? 年間1,000万円以上もらっている人の割合は約5%という調査結果も。国税庁民間給与実態統計調査より

出典元:平成30年分 民間給与実態統計調査(PDF)【国税庁】

不動産サイト「RENOSY」を運営する株式会社GAテクノロジーズは、同サイトに掲載された東京23区内の賃貸物件を対象に、2021年に年収1,000万円以上の人が実際に契約した物件をエリアごとに集計し、「住みたい街ランキング2022 by RENOSY」として発表した。ここではその上位10位に選ばれたエリアを紹介する。

第10位は「西麻布(港区)」、第9位は「恵比寿(渋谷区)」、第8位は「上大崎(品川区)」。青山や六本木、表参道などが程近く、閑静な高級住宅地が広がる西麻布に、JR山手線・埼京線と東京メトロ日比谷線など多くの路線が通り都内どこへでも抜群のアクセスを誇る恵比寿、そして再開発が進む上大崎がランクインした。

そして第7位は都庁をはじめ超高層ビルが立ち並ぶ「西新宿(新宿区)」、第6位は小石川植物園など近く緑も多い環境が良いことから人気の高い「小石川(文京区)」。第5位は原宿や表参道など多くの人で賑わう流行の発信地でもある「神宮前(渋谷区)」、第4位は再開発によりタワーマンションが立ち並ぶ人気エリアとなった「勝どき(中央区)」となった。

年収1,000万円超えの人が選ぶ「住みたい街ランキング」、圧倒的な人気を誇るのはやっぱりあのエリア?のページです。オトナライフは、【ヘルス・ライフ住みたい街平均年収給与】の最新ニュースをいち早くお届けします。