メルカリに出品した本に落書き発覚も、購入者は「満足ボタンポチッ」その理由にTwitter民も思わずほっこり!

誰でも簡単に商品の売り買いが楽しめる、フリマアプリ『メルカリ』。読者の皆さんの中には、すでにアプリをダウンロードして、メルカリを活用している方も多いかも知れない。メルカリでは、出品者と購入者間で簡単なメッセージのやり取りが出来るのだが、その体験談の中には、思いがけないドラマがあったりする。

2022年3月28日に投稿された、みっくすじゅーす@5OsQ0bvFw0tSYuhさんの「メルカリに育児漫画を出品したら、発送後に子供の落書きがあることが発覚。購入者の方からのお叱りの言葉を覚悟していたら、思いがけず子育てに対する労いの言葉をかけてもらった」という内容のツイートには、7.2万件を超える「いいね」が押され、多くのツイッターユーザーたちを笑顔にした。今回は、みっくすじゅーすさんが思わず感銘を受けたメルカリでのやり取りの詳細と、リプライ欄に寄せられた様々な声をご紹介したい。

優しさあふれるメッセージに思わずほっこり

みっくすじゅーすさんは、このメルカリでの一連のやり取りを振り返り、3回に分けてこうツイッターに投稿している。

みっくすじゅーすさんのツイートを読んだユーザーたちからは、「いい話だ」との声をはじめ、「優しい世界!」、「こんな良い人もいるのか」といったコメントが相次いだ。また、中には「スルーせずにミスをちゃんと指摘してあげることで、今後の注意を促しているところが凄く良い」という意見もあった。

ほかにも素敵なエピソードが!

筆者もメルカリでよく物の売り買いをしているが、ごく稀に「この人と日常で友達になれたら、きっと楽しいだろうな」と思うような、素敵なユーザーに出会うことがある。メルカリは基本ネット上でのやり取りのみなので、メッセージ機能があるとはいえど、相手の顔も年齢も性別も全く分からない。深くお互いを知らないことが、個人情報の観点では安心に繋がるのだが、人となりを知らなさすぎるが故に、やり取りの中で不安を感じることも多々あり、フリマアプリというものは絶妙なバランスで成り立っているなあと常々思う。

メルカリに限らず、どのフリマアプリやオークションサイトにも、ちょっと変わったユーザーというのは一定数存在するので、カルチャーショックを受けることも稀にあるが、基本的には「この人と取引して良かったな」と思える相手がほとんどである。

ツイッターのリプライ欄には、みっくすじゅーすさんのほかにも、メルカリでの嬉しかった出来事として、「マンガを買ったらドリップ式のコーヒーが入っていて、楽しんでくださいね、ってきれいな文字でメモが貼ってあって感動した」という声や、「メルカリで目覚まし時計を購入したら、直筆の手紙と海外旅行で購入されたポストカードが10枚ほど同封されていた」というような、ほっこりするエピソードがいくつも寄せられた。

優しさの連鎖を起こそう!

コロナ禍でお家時間が増えた今、もし断捨離や整理整頓などで不用品が出た場合は、メルカリで売ってみるのもひとつの手だ。要らなくなったものは、「そのままゴミとして捨ててしまう方が手っ取り早い」という、潔い考え方の人もいるとは思うが、メルカリを活用すれば、自分にとっては不用品でも、次は誰かの宝物になるかも知れない。「もう使うことはないけれど、ゴミとして捨てるのは忍びない」というような物は、使ってくれる次の人へ、バトンタッチしてあげた方が物も嬉しいのではないだろうか。

筆者がメルカリを使ってみた経験上、自分が手に入れたいと思っている物を売っている人や、自分が過去に使っていた物を欲しいと言ってくれる人は、きっと自分とどこか似ているところがある相手なのだろうなと思う。「他人は自分を映す鏡」とはよく言うが、その逆も然りで、自分自身が人にされて嬉しかったことを、次は自分が他の人にするように心がければ、自然と顔の見えないメルカリ内でも優しさの連鎖が生まれていくはずだ。

花澤瑠衣(はなざわ・るい)
編集/ライター。猫が好き。趣味は読書と酒。数年間のハイボールブームを終えて、現在は空前の芋ロックブームを迎えている。おすすめの焼酎は、だいやめ。
Instagram:@lui0710

文= 花澤瑠衣/編集・ライター

メルカリに出品した本に落書き発覚も、購入者は「満足ボタンポチッ」その理由にTwitter民も思わずほっこり!のページです。オトナライフは、【SNSで話題Twitterで話題メルカリ】の最新ニュースをいち早くお届けします。