子どもに就いてほしくない職業ランキング、3位「自衛隊」2位「芸能人」断トツで多かった1位は?

みなさんが子どもの頃、将来の夢は何だっただろうか。「将来は何になりたい?」という質問は子ども時代に一度は経験する質問だ。世の中の人気職業は時代によって大きく変化しており、2021年の11月末に「進研ゼミ小学講座」が行った「2021年の出来事や将来に関する小学生の意識調査」では、小学生がなりたい職業第1位は「YouTuber」だった。そして子どもの将来の夢に関して、一番気になるのは間違いなく親だろう。子どもの頃、「そんな夢見てないで勉強しなさい」と、なりたい職業を否定された経験がある人もいるのではないだろうか。

今回は、親が子どもに対して就いてほしくないと思っている職業ランキングをご紹介していく。

子どもに就いてほしくない職業ランキング!まずは7位~4位

7位~4位の中には目指す人も多い職業も(画像は「おうち教材の森」プレスリリースより引用)

ARINA株式会社が運営する「おうちの教材の森」は2022年3月2日~3日、「子供に就いてほしくない職業は?」というアンケート調査を実施した。対象となったのは、日本全国の中学生以下の子どもを持つ親200人だ。

まず7位は「看護士(看護師)」で2票。看護師でよく耳にするのは看護実習の大変さだ。指導担当者がとても厳しいというのは有名な話だろう。また、仕事内容がかなりハードで睡眠時間の確保も難しいといった面からも、親は子どもにあまり就いてほしくないようだ。6位は4票で「医師」。先ほどの看護師を同じく仕事内容はハード。また、体力的な面だけでなく精神的な面でもつらいのではないか、との声も。医療業界の厳しさを自分の子どもに経験させるのは、親としてはなかなか気が進まないようだ。

続く5位は「介護士」で9票。深刻な人手不足の問題を抱えている介護業界。仕事は大変なのに給料は安い、と仕事量に見合った給料がもらえない点は親として心配してしまうのも仕方のない話かもしれない。そして4位は15票で「政治家」。「大変そう」「敵が多そう」といった意見もあるが、政治家に対して良いイメージがないことが理由になっている人もいるようだ。普段からニュースなどでよく目にする政治家だが、その印象から子どもになって欲しくないと思う親もいることがわかった。

子どもに就いてほしくない職業ランキング、3位「自衛隊」2位「芸能人」断トツで多かった1位は?のページです。オトナライフは、【ヘルス・ライフYouTuber介護士政治家職業自衛隊芸能人】の最新ニュースをいち早くお届けします。