シリコンバレーから逆輸入?話題の「ラーメン自動調理器(YO-kai Express)」を実食してみた!

中国で生まれ日本で独自の進化を遂げたラーメンが2000年代には日本から世界に進出、ラーメンブームを巻き起こした。今ではアメリカをはじめ世界中の人に愛される大人気の日本食としてすっかり定着している。そんななか、今度はアメリカ発の自動調理自販機の本格派ラーメンが日本に逆輸入する形で上陸し、話題となっている。果たして“自動調理自販機”が販売するラーメンとは一体どのようなものなのだろうか?

シリコンバレーから日本へやってきた本格派RAMEN

白をベースにした清潔感あるビジュアルだ(筆者撮影)

アメリカのスタートアップ企業ヨーカイエクスプレス社が展開するラーメンの自動調理自販機「ヨーカイエクスプレス」が、羽田空港と首都高芝浦パーキング、東京駅(期間限定)に設置され話題を呼んでいる。

販売されているラーメンは生麺タイプの麺と具、スープが丼に入った状態で冷凍保存されていて、「鶏 Yuzu Shio」「東京 Shoyu」「札幌 Spicy Miso」「九州 Tonkotsu」の4種類の味が選べる。価格は税込790円。近日中に人気ラーメンチェーン店「一風堂」が提供する「一風堂博多豚骨ラーメン」と「IPPUDO プラントベース(豚骨風)ラーメン」の2種類を加わり、全6種類のメニューになるという(価格は未定)。

タッチパネルで食べたいラーメンを選ぶと、自販機内でスチーム調理され、たったの90秒で熱々の出来立てラーメンが取出口に出てくる、という仕組みだ。現金での支払いはできないが、交通系ICカードや電子マネー、QRコード決済、クレジットカードとさまざまなキャッシュレス決済が可能だ。

2016年にシリコンバレーで生まれたヨーカイエクスプレスは、アメリカでは空港やホテル、病院、企業、複合居住施設など約50ヶ所に設置されていて、これまでに20万食以上の提供実績がある。日本では2022年中に500台の設置をめざしているという。

逆輸入ラーメンは本当においしいのか?

24時間いつでも食べることができる米国発のラーメン。突然現れる妖怪のように、いつでもどこでも食べられる、という意味が込められているという。では、肝心の味はどうなのだろうか。確かに近年の冷凍食品の技術は目覚ましいものがあり、スーパーなどで販売されている冷凍ラーメンも生ラーメンとそれほど変わらないような商品もある。だが、海外でラーメンを食べてガッカリした経験がある人もいるだろう。果たしてラーメン大国・日本で舌の肥えた日本人の満足できる味なのだろうか?

筆者が実食してみた。

醤油と塩は完売しており、味噌と豚骨のみの選択しかできなかった

支払いはこちらのキャッシュレス決済が使えるようだ

数分待つと上の扉がオープンしてRAMENが出てくる。下の扉からは箸とスプーンを受け取れる。近くの担当者から相当熱いので気をつけてください!と注意が

真ん中が開いた空いた部分から高温のスチームで温めている模様。さぁ食べようと思ったが、このビニールを剥がすのに一苦労した筆者

出たー!これがアツアツの本格派豚骨RAMEN? イメージ写真と少し違うが、、、完食。正直、九州出身の筆者としてはもう少し改良を重ねて欲しいと願うばかりのラーメンだった

米国ではラーメンだけでなく、丼物やパスタ、カレー、餃子、デザートなどさまざまなメニューが展開されているのだという。

味のクオリティが十分ならば、今後日本でもラーメンだけでなく1台でまるでフードコートのようなこの自動調理自販機が増えていくかもしれない。冷凍食品としては少し高い気もするが、設置される場所によっては気にならないのかも。

今回訪れた東京駅のグランスタ東京地下一階「スクエア ゼロ」は、4月12日(火)17時頃までの期間限定なのでご注意を。

オトナライフ編集部
iPhone・Android・SNS・パソコン関連・キャッシュレス、QRコード決済など、さまざまな情報を独自の視点や切り口で発信するニュースサイト
Twitter:@otonalife

生活をもっと楽しく刺激的にする[オトナライフ]

シリコンバレーから逆輸入?話題の「ラーメン自動調理器(YO-kai Express)」を実食してみた!のページです。オトナライフは、【グルメラーメン東京駅】の最新ニュースをいち早くお届けします。