「山本勘人」という人にAmazonで勝手に買い物された詐欺メールが増加、「うちには山科の小菅さんからきた」など報告相次ぐ

Amazonを名乗るメールで「他の人が、他のデバイスで買い物をしようとしましたよ」と、丁寧な連絡が来た場合、…。あなたはどうするだろうか?

「えー! Amazonはセキュリティがしっかりしている! 教えてくれてありがとう!!」と、言われるがままパスワードを入力し、注文をキャンセルしようとするのではないだろうか。

筆者は絶対そうしてしまう自信がある。

秒でログインする自信がある。

だがこの連絡は、Amazonとは何の関係もない詐欺メールであると、東風 克智(こち かつとも)AVマイスターさん(@butatongpoo)のツイートで、注意喚起がされているのである。

(画像は「東風 克智(こち かつとも)AVマイスター(@butatongpoo)さん」提供)

「え、これAmazonからのメールそのものでしょ?」と思い込んでしまうこの詐欺メール。

一体どのような手口が使われているのだろうか。

巧妙な詐欺メール…時代は進化している。

東風 克智(こち かつとも)AVマイスターさん(@butatongpoo)のツイートによると、「仙台の山本勘人って人にAmazonで勝手に買い物されたというメールが来た。」とのことである。

あの絶妙な黒・グレー・オレンジの配色で届いたメールは、ぱっと見Amazonからいつも届くメールそのものである。

メールには、「お客様のアカウントは盗難のリスクがあります。

この注文を購入したことがない場合。

できるだけ早く請求情報を確認してください。

システムはこの注文を自動的にキャンセルします。」(原文ママ)と記されている。

よくよく見ると、文中の間違った位置に読点があったり、文字のフォントがいつものAmazonのそれとは違うのだが、「アカウントが乗っ取られた!?」と勘違いさせるには十分な本物感だ。

東風 克智(こち かつとも)AVマイスターさん(@butatongpoo)もツイートで記しているが、「昔だったら『購入される前にキャンセルして下さい』と煽っていたのに、今は『自動でキャンセルされます』と安心させて「キャンセルされるけど念のために調べておくか…」とこちらに思わせる」、まさに巧妙すぎる手口である。

かつて詐欺メールといえば、自称芸能人からメル友欲しいと連絡がきたり、突然10億円の当選通知だったりと、なかなか信じ難いものが多かったが、騙す方も格段に進化しているようだ。

巧妙な詐欺メール、見極めの方法は?

東風 克智(こち かつとも)AVマイスターさん(@butatongpoo)も警鐘を鳴らしている通り、「「注文の詳細」を押すと、パスワード入力させられて情報を盗み出される」ので、気を付けたいところだが、果たしてどのように気を付けたらいいのだろうか。

リプライ欄にもコメントが寄せられているが、「日本語が微妙な場合は、送信元を確認」が、まず1つ目のポイントである。

Amazonからのメールである場合、必ず送信元アドレスは @amazon.co.jp である。

慌てずに送信元アドレスを確認し、gmailやhotmailといったフリーメールで送られてきている場合は、詐欺を疑ってほしい。

2つ目のポイントもリプライ欄のコメントにある通り「メール内のリンクボタンを押さず、公式サイトから履歴を確認する様に習慣付ける」である。

自分が普段使用しているアプリや、ブラウザで検索した公式サイトからのログインであれば、偽サイトにパスワードが抜き取られてしまうリスクは軽減できる。

どんなに動揺しても、「送信元アドレスの確認」「公式サイトからのログイン」を心がけておこう。

相次ぐ体験談…複雑化する手口に要注意

また、東風 克智(こち かつとも)AVマイスターさん(@butatongpoo)のリプライ欄には「自分にも同様の連絡がきた」「うちには山科の小菅さんからきた」など、同様の報告が相次いでいる。

世の中の多くの人は、「自分は大丈夫」と思い込んでいるのではないだろうか。

もちろん筆者も、詐欺に遭うなんて全く考えてもいなかった。

だがデジタル時代の詐欺は、巧妙にわれわれを標的にしてくる。

自分は大丈夫などとは思わず、「通販の購入履歴が誰かに知られるなんて、末代までの恥!」ぐらいの強い気持ちで、自分のアカウントを守ってほしい。

自分のアカウントを守れるのは、自分だけなのだから。

※サムネイル画像(Image:「東風 克智(こち かつとも)AVマイスター(@butatongpoo)さん」提供)

花澤瑠衣
編集/ライター。猫が好き。趣味は読書と酒。数年間のハイボールブームを終えて、現在は空前の芋ロックブームを迎えている。おすすめの焼酎は、だいやめ。

Instagram:@lui0710

「山本勘人」という人にAmazonで勝手に買い物された詐欺メールが増加、「うちには山科の小菅さんからきた」など報告相次ぐのページです。オトナライフは、【SNSで話題AmazonTwitterで話題詐欺メール】の最新ニュースをいち早くお届けします。