収益化は難しい? YouTuberの「平均月収」、アンケート結果から大多数が“お小遣いレベル”と判明

もはや知らない人がいないぐらい国民に浸透している動画配信サイトYouTube。有名YouTuberは連日テレビにも引っ張りだこで、芸能人よりも年収が高いと言われている人もいる。「副業」という言葉に敏感なオトナライフ読者のなかには、YouTubeチャンネルを開設して収益化したいと思っている人もいるだろう。

今回は、YouTuberの平均月収が判明したことをうけ、本当に儲かっているのかを解説する。

10代の約3人に2人がYouTubeアカウントを所有している

若年層ほどYouTube用アカウント所有している割合は多く、10代は3人に2人にのぼる(「ファストマーケティング」調べ)

ファストマーケティングは4月12日、18歳から59歳の男女9,340人に聞いた「YouTuberに関する実態調査」の結果を公表した。「個人用のYouTube用アカウントは持っていますか?」という質問には、全体のうち47.7%が「持っている」と答えた。世代別では10代(18・19歳)では64.9%、20代も52.7%と若い世代は半数以上にのぼることが判明した。

そして、アカウント所有者のうち、YouTubeへの動画投稿を収入源のひとつとしているのは10.1%だった。YouTubeチャンネルを収益化するには、自分の動画内に広告を表示させて、収入を得るのが一番メジャーな方法だ。そのためには「YouTubeパートナープログラム」という広告収益を得るための認定が必要になる。

「YouTubeパートナープログラム」とは一定の条件をクリアすることで得られる資格。その条件とはGoogle AdSense アカウントを保有している、チャンネル登録者数が 1,000 人以上、かつ有効な公開動画の総再生時間が 4,000 時間以上であるなど、なかなかすぐには満たすことができない厳しいものとなっている。

その資格を有しているということは、ただ遊び感覚でやっているわけではない人がそれだけいる、ということの証明かもしれない。

収益化は難しい? YouTuberの「平均月収」、アンケート結果から大多数が“お小遣いレベル”と判明のページです。オトナライフは、【動画・音楽YouTubeYouTuberYouTubeパートナープログラム】の最新ニュースをいち早くお届けします。